病院でお会計したらびっくり! 2018年度から妊婦は保険診療費が高くなっていた

しらべぇ

2018/9/8 08:00


(_chupacabra_/iStock/Thinkstock)

妊婦であるだけで、病院での治療費が高くなる。超高齢社会の日本において、ウソのような本当の話が今年度から始まっていたのをご存じだろうか。

■病院に行くと診察費が加算される


新制度では、妊娠とはあまり関係がない理由で病院に行くと、たとえこれまでと同じ診察方法、同じ処方だとしても、妊婦であるという理由で支払う費用が高くなる。

妊婦こそ料金が安くなっても良さそうだが、理由は他のところにあるようだ。妊娠中は、お腹の中の胎児への影響を考えて、母体に対して可能な治療や処方できる薬が限られる。つまり、診察にはいつも以上の慎重さが求められることになる。

そのため、たとえ診察できるとしても、通常以上に時間がかかってしまうことや万が一を恐れ、「産婦人科で診てもらってください」と患者に言い渡す医師も少なくないという。

■妊婦加算は手間賃


今回の妊婦加算は、医師たちへの手間賃だと考えられる。ひとつはこれまで妊婦だろうとしっかりと診察してきた医師に対して、もうひとつはこれまで門前払いしていた医師に対してだ。

妊婦加算があるからこれからは妊婦も診察します、というのは医師のスタンスとして是非が問われるところだ。しかし、妊婦だからという理由で病院をたらい回しにされる患者が減るのならば一定の効果はあると言える。

さらに、どういうわけか「産婦人科での診療」であっても妊婦加算が発生してしまう。

■妊婦の足元を見ているという意見も


ツイッターなど、WEB上では批判的な声が多い。

「少子化、貧困、高齢出産が増えてる昨今、完全に時代に逆らいさらに国民を追い詰める。妊婦の足元見てるよね?妊婦は大きなお腹で足元見えてないもんね?大事な国の宝抱えてるのに。何が少子化対策だよ。なんだこの国。だっせぇ。」

「四月から始まった国からのマタニティハラスメント、妊娠加算 なるほど。妊婦割引にしてほしいくらいなんだけど。 そりゃ子供減るよ。」

「妊婦加算ね・・・加算するからには、妊婦に対する専門知識をもって安全な処置をしてもらえるという認識で良いんだろうか? それなら良いけど、他の人たちと同じ処置で加算されるなら納得いかないかな。 あとは順番待ちなしで優先して受診できるとか」

今回の妊婦加算は、2年ごとに行われる診療報酬の改定によって新設されたもの。2018年度に改定された診療報酬は、来年度も変わらない。2020年度にも継続されるのかどうかは、今後も注目されるだろう。

■子育ては産んでから始まる


妊娠中も大変だが、子育ての本番は実際に生まれてからだ。生むと決めたからには大きな責任が伴う。

しかし、以前しらべぇが全国20代~60代の子どもを持つ男女に実施した調査によると、「子供がいないほうがよかった」と思ったことがある女性は、3割を超えた。

((C)ニュースサイトしらべぇ)

満員の電車にベビーカーを押して乗るとイヤな顔をする、子供が泣くと静かにさせろと母親に怒る、そんな人を見かけたことがあるだろう。将来国を支えるのは現在の子供であるというのに、子育てがしづらい国であるというのは大きな問題だ。

妊婦加算に限らず、子育てがしやすい国であるためには、制度だけでなくひとりひとりの協力が必要なことは間違いない。

・合わせて読みたい→「妊娠したら指輪を外し、ネイルも落として」 医師からの警鐘に背筋が凍る

(文/しらべぇ編集部・momoya

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の子供がいる男女651名(有効回答数)

あなたにおすすめ