『ケンカツ』松本まりかが「ネグレクト母」に 『ホリデイラブ』不倫妻との共通点は

しらべぇ

2018/9/8 07:00


((C)関西テレビ)

吉岡里帆主演で放送中のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)の第9話が、来週11日に放送。

ゲストで松本まりかが出演することがわかった。

■『ケンカツ』とは?


((C)関西テレビ)

本作は吉岡里帆演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。

安定を求めて公務員になったえみるが、生活保護受給者を支援する「生活課」に配属されたことで、ケースワーカーとして様々な人生の困難に直面。自立への手助けをしていくストーリーだ。

■えみる、ネグレクト母と向き合う


((C)関西テレビ)

第9話では、えみるが気にかける高齢受給者の丸山幸子(小野和子)と孫のハルカ(永岡心花)の目の前に、娘を残して4年間も男と姿を消していたハルカの母・梓(松本まりか)が突如現れるエピソードが描かれる。

梓は自分も生活保護を受けたいと申し出るものの、えみるが失踪した理由を尋ねると梓の態度が豹変。攻撃的な態度を見せる。

■演じる役柄をどう分析?


((C)関西テレビ)

ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)での好演が話題となった松本。この作品で彼女は主人公夫婦を引っかき回す不倫妻・里奈役を演じ、その「あざとかわいさ」と狂気の沙汰が大きな反響を呼んだ。

そんな彼女は、今回演じることになった、育児放棄をしてしまう梓という役について以下のようにコメント。

「すごく難しいですが、自分と向き合うということから、逃げていた子なんじゃないかなと。それで男性依存、恋愛依存になっていて、子供は可愛いけど、私を助けてくれる存在ではない。

だから、まずは私を助けてもらいたい…。そうやって、少女のまま大きくなっちゃって。その場その場で反応して感情が出ちゃう。態度がコロコロ変わって、精神の不安定さが出てしまう、一筋縄ではいかない女性」

と、しっかり分析して役に臨んだようだ。

■『ホリデイラブ』不倫妻と似ている点は?


また、狂気じみた役が話題になった前作と、今作の役をどう捉えているかについては…

「壊れているという意味では一緒だけれど、“ゆるふわ”ではないですよね(笑) 表面上は全然違うかもしれない。だけど、男性に対して依存しているってところは一緒です。色々、梓の成分を出してみると、里奈と重なるところがありますね」

とコメント。自分の中で共通するものがあったことを明かした。

クライマックス目前の『ケンカツ』。松本の演技にも注目していきたい。

・合わせて読みたい→「アルコール依存症」の生活保護受給者とどう向き合う? 『ケンカツ』第8話

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

あなたにおすすめ