人気アニメ「はねバド!」地震で放送延期、撮影関わる札幌のスタジオが被災

 TOKYO MXで放送中の人気アニメ「はねバド!」(日曜深夜0・00)は北海道胆振東部地震の影響で9日放送予定の第11話を延期すると、公式サイトで7日発表した。第11話以降の放送も延期する。

 「このたびの北海道胆振東部地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興を心からお祈りいたします」とつづってから第11話について「放送を延期させていただくことになりました」と報告。「本作の撮影を行っております、札幌に所在地を置くスタジオ様が被災され、停電が続いているなか撮影作業を継続することが物理的に不可能な状況となりました」と説明した。

 「その後現在にいたるまで復旧に向けて懸命の作業が続けられていますが、いまだ十分な電力供給は回復しておらず、復旧した地域においても可能な限りの節電が求められています。このような状況下で撮影作業の継続をお願いすることの可否を製作委員会、プロダクションをはじめとする関係各社での協議の上、今回の決断にいたりました」と報告。9日の放送時間帯には第10話を再放送する。

 今後の放送については決定次第、公式サイトやツイッターで発表する予定。

 「はねバド!」は漫画家・濱田浩輔氏が手掛ける、高校の女子バドミントンを題材にした作品。13年に「good!アフタヌーン」(講談社)で連載スタート。今年7月からアニメがはじまり、TOKYO MXのほか、関西テレビ、BS11、AT―Xで放送している。

あなたにおすすめ