家仕事「やっておきたい・やればよかった」暑い季節のあれこれ


暑い季節だからこそ、やっておきたい・終わらせておきたい「家仕事」がありますよね。

例えば、水浴びついでにお風呂の大掃除、フル稼働してもらうためのエアコンの洗浄、強い日差しを利用したカーテンやシーツなど“大物”の洗濯などなど…。

ウーマンエキサイトのスペシャルサポーター「ママリーダーズ」は、この夏、どんな家仕事に挑戦したのでしょうか? 彼女たちのブログやインスタグラムをのぞいてみました。

■子どもと梅干しつくりが「夏の恒例行事」


教えてくれたママリーダーズは…
中山あいこさん/ライフオーガナイザー
“シンプルで、心地のよい暮らし”をテーマに、ブログ「生活のメモ」で日常を発信。2017年にライフオーガナイザー®1級を取得。著書に「家事がラクになるシンプルな暮らし」、「家事が好きになる暮らしの工夫」(共にエクスナレッジ)がある。



今年も梅干しをつくりました。

仕込んだときの6月の記事はこちら。

仕込んだ翌日から少しずつ梅酢が上がってきて、数日後にはひたひたに。塩が全部とけて、そのあと、重石にしていた水袋を取り出しました。

そして、梅をざるに並べて、3日間土用干し。土用というのは、7月20日頃から立秋(8月7日)の前日までの期間なのだそう。とても良い香りです。

炎天下に干したら、黄色かった梅がほんのり赤く色づきました。

梅を干している間に、赤しそ300gと塩60g(赤しその20%)を準備して、もみもみ。

干し終わった梅と一緒に、梅酢の中にひたしました。ああ おいしそう~。見ているだけでよだれが出てくる! このまましばらく、秋まで室内で保存しておく予定です。

もう1種類、こちらは「さしす梅干し」。 赤シソを使わず、土用干しを終えたあと、ビンにつめたらもう完成です。
すっぱすぎないので、とっても食べやすくて、クセになる味。子どもたちの大好物です。

梅はその日の難のがれ。暑い日は、水をたくさん飲んで、梅干しをパクッと食べて。水分と塩分を補給しながら
夏を元気にのりきることができました。

■家具も夏バテ? エアコン負けした家具をメンテナンス


教えてくれたママリーダーズは…
みぃさん/インテリアコーディネーター
収納や片付けの大切さに気づき、収納のアイデアや大好きな北欧のヴィンテージ家具・雑貨、家事を楽にするためのアイテム選び、家事のコツなどをブログで綴る。


今年の夏は本当に暑くて、連日エアコンのお世話になりっぱなしでした。

そのせいか家具も何だかカサカサに。特に無垢のダイニングテーブルはエアコンの風が当たる場所に置いているためか、乾燥してる感じが目に見て分かる感じになっていました。

そこで、テーブルに潤いを与えるべく、家具専用のオイルを塗り塗り。ハワードのオレンジオイルは汚れも落としてくれるうえに、艶もしっかり出るので、手軽にメンテナンスできます。

無垢材の家具はメンテナンスが面倒でちょっと…という方のハードルを下げてくれるアイテムなので、ズボラな私にもピッタリです(笑)。

ついでにこっちのチェストもメンテナンスしておきました。ちなみに引き出しが出たままなのは、上部に塗ったオイルを乾かすため。

もちろんビューローの方も。オイルのオレンジの香りにいやされ、家具だけではなく気持ちも潤います。


■100均アイテムがきっかけ! 洗面所を大掃除


教えてくれたママリーダーズは…
yunyunさん/ヴォーグ学園東京校講師。色彩コーディネーター、インテリア設計士
2005年から布小物作家として活動開始。布合わせを楽しみながらオリジナル感ある作品づくりを日々ブログで紹介しながら、イベントや個展、不定期開催のウェブショップなどで販売。『neige+ yunyunの100円アイテムで作る簡単リメイク収納&インテリア』(メディアソフト)、『猪俣友紀のまいにちの布こもの』(エクスナレッジ)、『布合わせを楽しむワンランク上の布バッグ』(スタジオタッククリエイティブ)を出版。


夏のある日、100均で見つけた歯ブラシホルダーの写真撮ろうと片付けを始めたら、結局止まらず…。洗面所をまるごと大掃除。おかげで窓から床まできれいに片付きました。

歯ブラシホルダーはセリアで見つけました。掃除が楽になって、ぬめりのストレスからようやく解放されました!

また別のある日。小屋からの眺めが少しだけ変わりました。

夫の実家から持ち帰った古いミシンは、夫の亡き祖母が使っていたものです。おそらく、70年か、それ以上前の年代物。ずっと仕事場で棚代わりに置いてあったそうです。

飾るだけでもいいけれど、テーブルとしてそのまま使え、小屋にピッタリです。



暑い日が続く季節だからこそ、やる気が出る、やっておかなければいけない「家仕事」ってありますよね。

面倒だな…と思いつつも、実は作業をしながら季節を感じられて、終わった時の爽快感は格別です。

「あれ、やっておけば良かったな…」と先送りにしてしまった家仕事はありませんか? まだ、残暑が感じられる今のうちに、片づけてしまいましょう。

(ウーマンエキサイト編集部)

あなたにおすすめ