高須克弥院長が体操・宮川紗江選手と正式にスポンサー契約へ 笑顔のツーショットにファン「嬉しい」「ありがとう」



美容外科・高須クリニックの高須克弥院長が、7日、自身の『Twitter』(@katsuyatakasu)を更新し、体操女子リオ五輪代表・宮川紗江選手とのツーショット写真を公開。「宮川選手とスポンサー契約の相談。体操協会のOKもらったら身内なう。」とツイートした。

高須院長は続けて、


体操協会のルールが変わって、前もってスポンサーのお伺いが必要なんだって。

では

まず体操協会の許可をいただくよう手配するぜ。

かっちゃんは体操協会の顔を潰すようなことはしません。筋を通します。

会長さん副会長さん理事のみなさんよろしくお願いいたします。なう


と、宮川選手とのスポンサー契約に向け日本体操協会を含めて調整中であることを明かした。

宮川選手が体操協会のパワハラ行為を告発して以降、高須院長は「力になりたいと思います。僕でよければ契約します。連絡をお待ちします。」と宮川選手への支援を申し出ていた。

記者会見や報道番組のインタビューでは険しい表情を見せていた宮川選手。同ツイートに添えられた写真では一転して笑みがこぼれており、リプライ欄には「宮川選手が笑顔で嬉しい」「体操競技の中でも、この可愛い笑顔が見れますように!」「高須先生、ありがとうございます!」「マジでお金使い方がカッコいい!」などと、両者への応援コメントが相次いでいる。

※画像は『Twitter』(@katsuyatakasu)より引用

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ