唐沢寿明、幼少期は「女の子のパンツ見るのに必死」テレ東改編発表会

 俳優の唐沢寿明が、7日に都内で開催されたテレビ東京・BSテレ東 10月編成説明会にサプライズ登場した。10月15日スタートのテレビ東京の開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)で主演を務める唐沢は、自身の幼少期を振り返り「女の子のパンツ見るのに必死だった」と明かした。

【写真】テレビ東京の10月編成説明会

企業コンプライアンスをテーマとする『ハラスメントゲーム』は、主人公・秋津渉(唐沢)が、スーパー業界の老舗「マルオーホールディングス」の中で発生するさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決していくドラマ。唐沢は自身が演じる秋津について「ちょっとふざけている部分はある。でも、仕事はちゃんとやる」と言い、共通点を聞かれると「俺の方が、たぶん普段はふざけてると思うね(笑)」とも。

ハラスメントという題材に関しては「俺たちの世代は危ない」と自嘲し、幼少期を振り返り「女の子のパンツ見るのに必死だったんだから、俺たちは! 本当だよ。スカートめくり、流行ったじゃん!」と発言。「それ以上のことが見たいんじゃないの。ただパンツが見たいだけなの。子供のころって、そうなのよ。女の子のパンツが、ただ見たいだけなの。見たら、いえーい! みたいな感じで逃げていく。男って、その程度の生き物なんだよ」と、同席していた鷲見麗奈アナウンサーに熱弁していた。

現在55歳で、いわば同い年の同局のドラマで初主演を務める唐沢は、テレビ東京のイメージについて「急にバラエティとかドラマとかが面白くなったなと。2~3年前? その辺から、うちの事務所のスタッフにも、テレ東でドラマやりたいなっていう話を(していた)」と回想。また同局のドラマでは『三匹のおっさん』を見ていたと言い「多分、スタッフが変わったのか、何かがあったのかっていうのはあったね。急に、いろいろな意味で派手になってきた」と変化を分析していた。

なお、10月編成説明会では、有吉弘行にとって初のテレビ東京レギュラー番組『有吉ぃぃeeeee! そうだ!今からお前んチでゲームしない?』が10月28日からスタートすることも発表された。『有吉ぃぃeeeee!』は、2024年のパリ五輪の公式競技種目になるかもしれないと話題の「eスポーツ」をテーマにした番組。

また、10月7日よりアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』がこれまでの毎週木曜18時55分から毎週日曜18時に枠移動し、フジテレビ『ちびまる子ちゃん』と同枠になることも発表された。

あなたにおすすめ