「篤姫」「あさが来た」の敏腕プロデューサーが語る、時代劇成功の秘訣とは?

中井貴一が主演するBS時代劇「雲霧仁左衛門4」(毎週金曜夜8:00-8:45、NHK BSプレミアム)が、9月7日(金)にスタートする。

本作は「鬼平犯科帳」で知られる池波正太郎の時代小説を原作に、雲霧仁左衛門(中井貴一)率いる盗賊の雲霧一党と、一党を捕えようとする火付盗賊改方長官・安部式部(國村隼)の戦いを描くシリーズの第4弾。制作統括を務めるのは、これまでに大河ドラマ「篤姫」(2008年、NHK総合ほか)や連続テレビ小説「あさが来た」(2015~16年、NHK総合ほか)など、数々の人気作品を世に送り出してきた佐野元彦氏だ。

そんな佐野氏に「雲霧仁左衛門4」の話をはじめ、時代劇というジャンルの魅力について聞いた。

■ 念願かなって挑む“ピカレスク”もの

──「雲霧仁左衛門」の最新作がいよいよスタートしますね。

若いころ、ピカレスク(悪漢)もののドラマの企画を出して、上司から「NHKではちょっと…」なんて言われたことがあって。それから今まで、そういう発想は自分の中に封印していました。

だからこそ、大盗賊を主人公にしたドラマを作れるのはうれしかったですね。日ごろ使っていない頭を使えて、いろんなアイデアが出てくるのがものすごく新鮮でした。

──佐野さんがこのシリーズに携わるのは今回が初めてだそうですが、第3作までの制作統括の方から助言を受けたことはありますか。

ないです、ないです。以前にも「陽炎の辻」(2007~2017年、NHK総合)という長く続いたシリーズの完結編だけ作ったことがあるんですが、そのときも前任者からは何も言われていませんし、逆に僕が制作した「吉原裏同心」(2014年、NHK総合)を別のプロデューサーが完結させたときも、何も引き継いでいないです。

同じ役を演じてこられた役者さんたちの座組がしっかりとあって、なおかつ揺るぎがたい世界観を持った原作があるので、いくら好き放題にやっても作品の根幹はブレようがないんですよ。そういう意味で、今回の「雲霧仁左衛門4」も自由に作れましたね。

──では、「雲霧仁左衛門」のブレない根幹は何でしょうか。

正義が勝つ一般的なドラマと違って、必ずしも正義とは言えない人が、その人なりの筋を通すというところですね。雲霧仁左衛門が“いい盗賊”になったり、世の中のために尽くす盗賊になるような物語にはしていません。池波正太郎先生の原作もそういう風に書かれていませんし、中井貴一さんもそこはしっかりと押さえて演じていらっしゃいます。

■ 極めて今日的なテーマを時代劇で

──第3作以降は原作を離れたオリジナルストーリーになっていますが、今回の新たな見どころは何でしょうか。

前作までは中井さん演じる雲霧仁左衛門と國村隼さん演じる安部式部の、“追う側と追われる側”の物語を描いてきました。けれど今回は、そこに永山絢斗さん演じる天一坊という謎の男を登場させました。

「自分は吉宗の落胤で、次の将軍になる」と言っているこの人物は、本物なのか、偽物なのか。彼を担いでいる勢力があるんですが、目に見えて担いでいる役に佐野史郎さん、その背後にチラチラと見える役にイッセー尾形さん、さらにもうひとつ背後に…と、世の中で起きている事件にはいくつもの背景があるんだという、極めて今日的なテーマを時代劇の中で表現しています。それに雲霧と安部の話も絡んでいくという。

このエピソードは史実で、実際に幕府も民衆も大騒ぎになっていて、最後まではっきりした結論が出ないまま終わった話なんですよね。ちょうど雲霧たちがいた時代と重なっているので、取り入れてみました。

イッセーさんの芝居は面白いですよ。時代劇の作法は守りつつ、現代人っぽいシニカルな言葉の返し方をされています。時代劇をここまでフリーに演じる人は初めて見たなっていうくらいです。

──國村さんは完成披露試写会の際、「雲霧が捕まってしまったら話が終わってしまうので、永遠に『トムとジェリー』をやっている感じ」とおっしゃっていました。別の表現をすると、ルパン三世と銭形警部のような…。

まさにそうですね。近い将来、雲霧が1回捕まったかと思わせて、スルリと抜け出すみたいな話をやってもいいかも…と思います。いずれにせよ、中井さんと國村さんがいなかったらここまで続いていなかったわけですし、今後も長く続けていきたいシリーズですね。

■ 「あさが来た」を江戸時代から始めた理由

──ところで、佐野さんは大河ドラマをはじめ、時代劇を数多く手がけられていますね。

やっぱりNHKだと、他局よりは時代劇が多くなりますね。僕自身も好きですし。時代劇というフィルターをはさむことによって、強くて太い物語が描ける気がするんですよ。フィクション性が強いと言いますか、エンターテインメント性が強いと言いますか。

現代劇だと、今を生きる人間の常識で細かいところまでチェックされてしまいますけど、時代劇は“細かいところはひとまず置いておいて、ストーリーを楽しみましょうよ”っていう作り方をしやすい。

「あさが来た」で初めてちょんまげの人たちが登場する“朝ドラ”をやったときは、「本気ですか?」なんて言われましたけど(笑)。僕は「あの時代にもこんな女の子がいましたとさ」っていうところから始まって、身近な時代まで描くほうが多くの人に共感していただけるかなって思ったんです。

■ きっかけは市川森一作品だった

──そもそも、ドラマ制作者を志す、きっかけは何だったのでしょうか?

僕は市川森一先生が書かれるドラマが大好きだったんです。あえて1作挙げるなら、「港町純情シネマ」(1980年、TBS系)が猛烈に好きでした。「こんなにすごい物語を書けるんだ!」と思いましたし、「テレビってこういうことができるんだ!」と知った作品です。

僕が2011年に作った「蝶々さん~最後の武士の娘~」が、市川先生の遺作ですからね。前編ができ上がって試写会をやった時に、先生が見に来てくださって。「最後に良いものができて、うれしかった」っておっしゃったんです。それから一瞬でグッと、握手されました。僕は先生が深刻なご病気だなんて、知らなかったですから…。ご一緒できたのは、本当にうれしかったです。

宮崎あおいは「女神みたいな人」

──「蝶々さん」の主演の宮崎あおいさんとは、大河ドラマ「篤姫」(2008年、NHK総合ほか)以降、数々の作品でご縁が続いていますね。

僕にとっては、折々の大切な作品で出演していただいている、女神みたいな人ですね。「篤姫」、「蝶々さん~最後の武士の娘~」、「あさが来た」、「眩(くらら)~北斎の娘~」(2017年)と、“勝負だな”っていう作品のとき、気が付いたら宮崎さんとご一緒しています(笑)。

これはNHKスタイルなのかも知れませんが、キャスティングより先に物語を作るんです。だから宮崎さんありきで作品を企画しているわけではないのですが、宮崎さんなら期待に応えてくれるだろうっていう、信頼をしていますね。

──「あさが来た」はディーン・フジオカさんを起用されたことも話題になりましたが、日ごろから新しい役者さんを見つけるアンテナを張られているのでしょうか。

“朝ドラ”や大河などの長いドラマを作るときには1年以上前から頭の中でイメージを組み立てているんですけど、そういう時期には意識的に、映画や舞台、ドラマといろんなものを見るようにしていますね。そうすると日ごろとは違う感性が働いて、ビビッと反応する。

「あさが来た」は大阪商人の中に一人だけ薩摩武士が入ってくる話で、ほかの役者さんとは違うタイプの人を探してたんです。初めは能や狂言の世界からどなたかをと考えていたんですが、ちょっと違うかなと思って。“海外で活躍されている俳優さんにしよう”と思ったら、ディーンさんしか考えられなかった、という感じです。

「篤姫」も小松帯刀という役を前面に立てようと考えていたときに、たまたま映画で瑛太さんを見て、“この人しかいない!”と思いました。

偶然の出会いも大きいし、いつも「ディーンさんみたいな人いないかな」なんて、探しているわけではないですよ(笑)。

──昨年は「植木等とのぼせもん」(NHK総合)も手掛けられましたね。

植木等さんのお父さんの話は昔からやりたかったんですけど、“どうやったらいいんだろう”って、20年くらい考えていたんですよ。そんな中、「陽炎の辻 完結編」で初めて小松政夫さんとお会いすることになって。それがきっかけで小松さんの自伝「のぼせもんやけん」を読んだら、めちゃめちゃ面白くて、“これをドラマにすればいいんじゃん!”って気が付いた感じですね。

植木さんのお父さんの役は、ずっとご一緒したかった伊東四朗さんにお願いしました。そして、ストーリーテラー役の小松さんが同じスタジオにいるわけじゃないですか! これはもうどうしても、“お二人の電線音頭が見たい!”って思ってしまって(笑)。

伊東さんに「僕は見たいです。視聴者の皆さんも見たいはずです」ってお願いしたら、「い

いよ。その代わり、テストなしの本番1回しかやらないから」と。ピンと張り詰めた緊張感のなかで収録した、現時点では最新バージョンの電線音頭です!(笑) 去年で一番うれしかった出来事でした。

■ 佐野さんにとって、ドラマとは?

──最後に、佐野さんがこれからのテレビ界に対して思われることを教えてください。

ハイビジョンから4Kや8Kの時代になってきましたけど、「僕らがやるべきことは一緒だよ」っていうことですね。テクノロジーが変わっても、物語を作って届けたいという思いは変わらないですから。そのあたりは、これからテレビの世界に飛び込んでくる人たちにも、忘れないでいてほしいですね。

人と人が出会って関係が紡がれて、擦れ合ったら音がするわけで。その音を捕まえて人に感動を伝えることが、ドラマなんだと思います。(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

https://news.walkerplus.com/article/161298/

あなたにおすすめ