Twitterで前触れもなく“解散報告”したアイドル ファンからバッシングの嵐

AbemaTIMES

2018/9/7 19:00


 5日、『 矢口真里の火曜The NIGHT 』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。


 この日はゲストとして「drop魔法学院を卒業後 魔法省の指示により“ナナランド王国”に赴任した7人の魔法使い」がコンセプトのナナランドから、大場はるか、小日向麻衣、高倉藍夏が登場。ナナランドは注目ポイントとして「ナナランド誕生のきっかけは『炎上』」を挙げると、矢口と岡野は「なになに?」「そーなの?」と興味津々の様子。


 小日向が「『drop(前身グループ)が解散します』っていうのをツイートで最初に発表したんですけど、その発表の画像に『解散後のメンバーの活動にご期待ください』みたいに書いてあったんですけど、ファンの人たちはみんな解散の方に目が行っちゃって『いったいどういうことだ!?』みたいになっちゃって」と説明する。


 なんの前触れもない解散報告であったためバッシングの嵐だったようで、これに耐えられなくなったプロデューサーが、その日のうちに「ナナランドやります」と発表したとのことで、さすがに矢口と岡野も驚きを隠せない。

ここで岡野が改めてdropの解散時期とナナランドの結成時期を確認すると、解散発表が10月、解散ライブが11月、ナナランドのデビューが12月と、ある意味トントン拍子に進んでいたことが判明。この急なハンドリングに対し、岡野は「無茶苦茶じゃん!」と改めて驚いていた。

▶︎【無料配信中】矢口真里の火曜The NIGHT#120 「ナナランド」は魔法使いって本当!?

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ