iPhone音声入力は資料作りに使える精度の高さ


スマホの普及で、大学生のリポート作成の仕方も変わったようです。現代の大学生らはブラインドタッチが苦手。iPhoneのフリック入力などを活用しているかと思いきや、なんと文字起こしを音声入力で行っているといいます。実際にiPhoneの音声入力を試してみると、その精度の高さに絶対に驚くハズです。

iPhone音声入力は資料作りに使える精度の高さ

iPhoneの音声入力でテキスト作成


会社の資料作りで苦労するのがテキストの入力でしょう。パソコンに向かってキーボードで一生懸命タイミングしても、どうしても入力スピードには限界があるもの。そこで活用したいのがiPhoneの音声入力です。

iPhoneの音声入力によるテキスト作成をするには、標準のメモ帳を開いてキーボード下部にあるマイクボタンをタップするだけ。あとはマイクに向かって、入力したい文章を話しかければスムーズにテキスト化してくれます。

iPhoneの音声入力の精度の高さには驚くばかり。少し早口で話しかけても、難なく聞き取ってくれます。しかも、テキスト入力しながら変換も行ってくれて、ほぼ意図通りの漢字が入力されるのです。

iPhoneの音声入力は資料作りに通用


iPhoneの音声入力では、読点や句点はそれぞれ「てん」と「まる」で入力可能。文末で改行したい時は「かいぎょう」と言えばOKです。かっこも「かっこ」「かっことじ」、カギカッコも「カギカッコ」「カギカッコとじ」で入力できます。

実際にiPhone音声入力の精度をAndroidと比べてみました。100文字程度のテキストを読み上げたところ、iPhoneの音声入力による漢字変換はパーフェクト。明らかな間違いは助詞の「に」が抜けてしまった1か所だけでした。

一方のAndroidは長文の聞き取りがかなり苦手な模様。2行以上の長文になるとフリーズして検知されなくなってしまいました。

iPhoneの音声入力は資料作りにも十分に通用するレベル。会議の議事録も録音した音声を聞きながらiPhoneに向かって話せば、テキスト化も楽チンでしょう。

あなたにおすすめ