中目黒の隠れ家「くずし割烹 おにかい」で心ゆくまで美食を味わう


●一流料理人のアラカルトを安価に提供
東京都内に『大人の隠れ家』と称される飲食店は数あれど、ここまでその冠がふさわしい店はそうそうないはず。そんな店が、中目黒にオープンした「くずし割烹 おにかい」だ。

○中目黒とは思えない、ノスタルジック一軒

中目黒駅南改札を出て6分ほど歩いた路地。あれ? この辺にあるはずなんだけどな。目の前には昭和テイストなかなりの築年数っぽい家が。看板が出ていないため、外観からは一見飲食店には見えないが、どうやらここの2階が目的の店らしい(よく見たらポストに店名があった)。

勝手口を開け階段を上がると、おぉっ! 外からはまったく想像できない綺麗な空間が。幅の広いコの字型のカウンターが奥まで広がっていた。知らずに通り過ぎる道行く人には気が付かれないであろう、まさに隠れ家。ちょっと隠れすぎだろっていうくらい、隠れ家。でもそれがいい感じ。

「くずし割烹 おにかい」は、2018年8月1日に開店したばかり。1階では今年5月にオープンした「天婦羅 みやしろ」を営業しており、ヒルトン東京「日本料理 さくら」で修業した料理人が調理した旬の食材をリーズナブルに楽しめる新店なのだ。築100年の古民家をリノベーションしているという店内は、明るくアットホームな雰囲気だ。

ところで、「くずし割烹」とはなんぞや? カウンターに囲まれた調理場に立つ店長の猿山浩之さんに訊いてみた。「客単価が2万円ほどする「天婦羅 みやしろ」の料理人が作るアラカルトをリーズナブルに食べられるのが売りで、こちらは客単価が6,000円~8,000円くらいを想定しています」とのこと。予約制ではないものの、カウンター13席、2名用の個室が1部屋と席数が少ないこともあり、満席の場合もあるので電話を入れてから来店するのが確実のようだ。

ところで個室ってどこ? と店の奥を見てみたら、旅館でよく見るような窓際席が。しかもちゃんと扉もついている。スペースにして、だいたい2畳くらいだろうか? ここに入るにはかなりの関係性が求められる気がするな。眼下に見下ろす街並みを眺めつつ飲むシチュエーションはなんだかシュール。それに、『三丁目の夕日』的なノスタルジーも感じることができる。

●高級食材を使った品々をリーズナブルに
○高級食材を惜しげもなく使った一品の数々

そういえば、外観は昔自分のおばあちゃんが住んでいた戦前からある家に似ている。おばあちゃん家も中に入ったら何故かプレステとか置いてあったもんな。外は一見昔風、中はモダン。そんな店のイメージが料理にも反映されていることを強引に繋げると、「フォアグラメンチ」(税別1,200円)がまさにそれ!

スタンダードなメンチカツの中を開けると、溢れる肉汁の中からゴロっと大きなフォアグラが出てきた。皿には、1階で天婦羅を食べる際に提供されているという、手間暇かけた塩が星形になって添えられていた。

さらに、豪華な食材を使った料理が続々と。「煮あわび」(税別2,300円)は、生きた新鮮なあわびを6時間以上煮込み、旨味がたっぷり出た出汁をジュレにしたものが添えられている。身が柔らかくて旨味が濃厚で、いつまでも口の中にいてほしいっていうくらい。

続いて登場したのは、名物メニューの「和牛すきonうに」(税別1,500円)。割り下にさっとくぐらせた和牛リブロースの上に東北産の極上うにが乗った、贅極まる逸品。食材を活かした甘すぎず絶妙な味付けが見事だ。

調味料を足した西京粒味噌に2~3日間漬け込んだという「銀ダラ西京焼き」(税別1,200円)は、豊かな風味と芳醇な味噌の味にうっとり。これはやはりお酒が飲みたくなる。

ドリンクは、広島産「特別純米 賀茂金秀」(税別750円)、京都産「純米 澤屋まつもと」(税別700円)、福島産「純米大吟醸 飛露喜」(税別1,400円)等々、季節ごとの美味しい日本酒を日替わりで用意されている。また、「日本酒ハイボール」(税別650円)や、プレミアム ジン「六」を使用した「プレミアム レモンサワー」(税別650円)等のオリジナルドリンクもあり。
○まだある病みつきメニューの数々

高級な食材がある一方で、カウンター内におでん鍋があるのが親しみやすさを演出している。この日は出汁の香りが豊かで、それに負けない鮮烈な国産野菜の味が堪能できる「トマトおでん」がお通しで出されていた。

また、たい焼き器で鯛の形に焼かれたパンにエビ天を挟んだ「エビ天サンド」(税別680円)なんていう、SNS映えを意識した可愛らしいメニューも。

さらにメニューボードを眺めていると、気になったのが「みやしろ風 悪魔のおにぎり」(税別350円)。最近ネット上で話題になっていた、『美味しすぎてヤバい』「悪魔のおにぎり」を、1階のみやしろオリジナルで作り上げたもの。

ごはん、天かす、天つゆ、青のりを使っているのは普通のようだが、なんせ高級天婦羅屋が作っているだけに、「天かす」のレベルが違うんですよ、レベルが。この日は提供メニューの予定に入っていなかったのとこちらの時間の都合で食すことはできなかったのだが、これは絶対店に行って食べた方が良いはず。

ただでさえ美味しすぎて危険と言われる「悪魔のおにぎり」がいったいどこまで美味しくなってしまうのか? 決してハードルを上げすぎではないことは、この日食べた料理の美味しさから歴然だ。

季節ごとの旬な食材が、熟練の料理人の調理によってより美味しく食べられる「くずし割烹 おにかい」。知る人ぞ知る大人の隠れ家として、これからどんどん有名になっていきそうなので、今のうちに是非行ってみてほしい。

●information
「くずし割烹 おにかい」
東京都目黒区上目黒2-18-11 2F
営業時間:17時30分~24時
定休日:月曜日

あなたにおすすめ