世界最強の“天才”藤村、ついに出陣!『勝ったら100万円!SFV AE 賞金首』#3

AbemaTIMES

2018/9/7 18:26


 9月6日、AbemaTV(アベマTV)のゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」にて、視聴者参加型ガチンコゲームショー『 勝ったら100万円!SFV AE 賞金首 』#3が放送された。


 『賞金首』は、一般応募を含む挑戦者が“賞金首”と呼ばれる凄腕ゲーマーたちに挑戦し、番組が用意した“賞金首”全員を倒すことができたら賞金100 万円を獲得できる、視聴者参加型のガチンコゲームショー。挑戦者は100万円と最強の名誉をかけ、『ストリートファイターV アーケードエディション』で4 人の賞金首と真剣勝負を行う。

『勝ったら100万円!SFV AE 賞金首』#3では、プロゲーマーのキチパーム選手が挑戦者として登場し、賞金首と激しい戦いを繰り広げた。(以下、出演者の敬称は省略)

ザンギエフで下克上!若きプロゲーマーの挑戦
 #3に挑戦者として登場したキチパーム。「ストリートファイター」シリーズの古参キャラクターである「ザンギエフ」を愛用し、世界大会で幾多のライバルを倒してきた若き強豪だ。「ザンギエフ」はスピードや飛び道具こそないが、一回の攻撃のダメージが多く、窮地からの逆転も狙えるキャラクターだ。

また、その知名度に反して使っている強豪プレイヤーが日本国内では少ないため、相手に対策を立てられる前に倒しきれる可能性も。

キチパームは最初の対戦相手としてハイタニを指名。ハイタニには最近の大会で勝利した経験もあり、また使用キャラクターである「豪鬼」との対戦経験も豊富なことから、かなりの自信を持っているようだ。

 宣言通り、「豪鬼」に対して見事な対応を見せるキチパーム。最初のセットこそハイタニに先取されたものの、間合いの取り方や、「豪波動拳」に対して「ダブルラリアット」、「竜巻斬空脚」に対してVスキルなど、「豪鬼」の主要な攻め技に対して的確な防御と反撃を行う。

その上で必殺の「スクリューパイルドライバー」と、ダウン復帰に対する攻撃を積み重ね、ハイタニを圧倒。セットカウント1-3で勝利を奪い取る。

勢いに乗るキチパームは、2人目の対戦相手として藤村を指名。CPT(カプコンプロツアー)ポイントランキング上位の世界最高峰プレイヤーに対して下克上を狙う。


 対する藤村は、「(自分が使うキャラクターへの)対策に自信があるようだから、ぜひ見せてほしい」と不敵な態度で迎え撃つ。

藤村が使用するキャラクター「いぶき」は、多彩な攻撃手段と素早い動きで相手を翻弄する戦い方が可能。はたして「ザンギエフ」は「いぶき」を捕らえられるのか。

第1セット第1ラウンドの開始直後、先に動いたのは藤村。連続攻撃をヒットさせ、あっという間に「ザンギエフ」を画面の端まで追い詰める。

キチパームも反撃に成功するが、投げ技を見切られ、大きな隙を作ってしまう。もちろん、それを見逃す藤村ではない。コンボ、投げ技、そして再度コンボを繋ぎ、一気に勝負を決める。

続く第2ラウンドも攻撃の主導権は藤村が握る。巧みに間合いを管理し、チャンスを見てはコンボでダメージを与える。キチパームは連続「スクリューパイルドライバー」で「いぶき」の体力を大幅に削るが、藤村はダウン復帰後の牽制攻撃から連続攻撃を仕掛け、いぶきの超必殺技「花鳥風月」を繰り出す。まだ半分近くあった「ザンギエフ」の体力を削りきり、見事な勝利を飾る。

ペースを握りたいキチパームだが、第2セットも藤村の巧みな間合い管理と対応力に苦しめられる。ところどころ攻撃には成功するものの、藤村は肝心の投げ技を見切って回避。その戦い方には賞金首ときども、思わず「おっしゃれ~~」と歓声をあげるほど、まさに華麗な立ち回りを見せる。

結局、キチパームは戦いの主導権を握ることができず、第2セットも賞金首に勝利を許してしまう。

もう後がない第3セット。キチパームは積極的に前へ出て攻撃を仕掛ける。しかし、藤村が操る「いぶき」は、ほんの一瞬の隙を見せれば大ダメージを与えてくる相手。手痛い反撃を食らい、最後はまたもや 「花鳥風月」でKOされてしまう。




 果敢に戦ったキチパームだったが、結果は藤村の完全勝利。“天才”と呼ばれる世界最強のプレイヤーの実力を見せつけられ、思わず顔を覆った。


 「Abemaビデオ」では、本放送の試合内容を賞金首が解説する限定映像を配信中。キチパームと、もうひとりの挑戦者として登場した GO1との対戦を、賞金首たちが振り返る 。また、番組応援団であるNOモーション。の 「ストリートファイターII」のモノマネ動画 も配信している。

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ