大人女子はマスト買い…アウターから小物まで「秋の注目アイテム」3選 | デキるOLマナー&コーデ術 ♯115

ananweb

2018/9/7 18:00

オシャレがなんとも楽しい季節、秋がやってきましたね!今年は昨年と違ってどんなアイテムが注目されているのでしょうか?今回は2018年秋冬のメインとなるトレンドポイントをご紹介いたします。
■ ボリューム&パッテッドアイテム

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 115

まずは気になるアウターですが、今年はフェイクファーやダウンコートの季節とも言えるほど厚みとボリュームのあるアウターが勢力を増しています。ファーコートはよりロング丈なものや、袖まわりにふわっとボリュームがプラスされるものがメインになりそう。

また、ダウンコートは例年のような定番のシルエットのほかに、よりデザイン性に優れたものが出てきて羽織るだけでスタイリッシュな印象をもたらしてくれるアイテムも増えていくのではないでしょうか。

さらに小物アイテムにもボリュームのあるデザインが登場します。パッテッド(中綿)デザインのバッグやマフラーといった目新しいアイテムは、すでにお店に並び始めているのでぜひチェックして! キルティング加工のされた厚みのあるクラッチバッグが個人的にはおすすめです。

■ アメリカンヴィンテージ

ヴィンテージライクなアイテムは例年通りトレンド入りしていますが、昨年と違って今年のヴィンテージは「アメリカンテイスト」が強くなっています。1960年や70代のアメリカンテイストを彷彿とさせるカントリー系のワンピースの他、ウエスタンブーツ・ウエスタンシャツなどもトレンドのキーワードに。

主張の強いアイテムだけで全身をアメリカンテイストでまとめ過ぎないよう、今年らしいトレンド感のある小物(ビスチェやハイネックインナーなど)をスタイルの中にプラスすると今っぽさとヴィンテージ感が上手に融合された着こなしになりますよ。

■ ねじりデザイン

デザインとしては、先シーズンからお目見えしている「ねじり加工」のアイテムは今年の秋冬がとくに主流となってくる模様。例えばボディラインにフィットした柔らかい素材のワンピースのウエスト周りにねじり加工が施されているなど。

このねじり加工というのは、斜めにギャザーが出てウエスト周りが細く見えるので、スタイルアップ効果を狙う女性にはとくにオススメできるデザインです。ストレートでつまらない印象になりがちな無地のワンピースやシャツにひと工夫のデザイン性があると、上品さが高まるのでぜひお店で見かけたら試着してみることをオススメします。

■ あなたはどのトレンドをプラスする?

流行は適度に取り入れるのがポイントです。トップス・ボトム・小物にいたる全てのアイテムが流行りモノにしてしまうと、どうしてもガチャガチャしたうるさい印象になってしまいますので気をつけて!

いくつかある秋冬トレンドのテーマをおさえつつも、ご自身が最も取り入れたいスタイルは何か、コーディネイトのどの部分にトレンドを取り入れるかをぜひ考えて着こなしてみてくださいね。トレンドアイテムをアナタらしい取り入れ方でさらにオシャレに仕上げていきましょう。

あなたにおすすめ