名倉潤、予想外の返答に「何しに来たんや」

9月6日に放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)は、「裏社会&アノ事件の裏側大暴露SP」。闇ペット業界に詳しい実録漫画家・マミヤ狂四郎氏が、ペット密輸ブローカーの入手経路やあこぎな商売について大暴露した。

約1.4兆円ともいわれている日本のペット関連産業。そんなペットブームの影にあるのが、違法なペットの密輸。

マニアックな動物を求める一部の悪質なペットマニアの需要を受け、ペット密輸ブローカーにより、高値で販売されているという。

「密輸業者に取材したことがあってそれを漫画にしたんです。その人が言うには『(ペットなら)何でもイケるよ』と。『何だってイケる!』って言い切ってました」とマミヤ氏は明かした。

「(輸出)制限があるわけじゃないですか? それなのに何でもイケるの?」と質問する河本準一に、マミヤ氏は「何でもイケるみたいです。持っていき方はベタにカゴに入れるとか、体に巻きつけるとか、そういうのもあるんですけど。

その持っていき方だとすごい確率でバレる。本当のプロはそんな持っていき方じゃないんです」とマミヤ氏が力説すると、「どういう持っていき方?」と河本らも興味津々。

だがマミヤ氏は「『それは言えない!!』って言われました」と、教えてもらえなかったことを堂々と言い切ると「おまえ、(今日は)何しに来たんや」と名倉潤がツッコんだ。

海外からの絶対にバレない密輸方法は教えてもらえなかったが、唯一教えてもらった方法はあまりにも大胆すぎた。

「密輸してる人もちゃんと表の仕事をやっていて。だから合法的に入手してきた動物たちを動物園に卸し、アフターケアとか、たまに動物園に行って『どうですか? 元気ですか? ちゃんと育っていますね』とか言って、それをそのまま盗む」とマミヤ氏は言う。

合法ルートで入手した珍しい動物を動物園に卸し、ある程度成長したら回収。ペットマニアに売るのだという。

ブローカーからすれば、動物園は生き物の管理と飼育の代行してくれる便利な存在。とはいえ、突然1匹いなくなったら動物園側も気付くのではと思うが、そこには強力な援軍がいるという。

「(強力な援軍は)獣医さんなんです。獣医さんと一緒に動物園に行ったりして、それが結構有名な獣医さんだったりするんです。

動物を診察して、『あれ、この子。やばいんじゃないないかな』って言って、動物園のスタッフは珍しい動物だから、そこまでのケアができなかったりするんですね。

獣医さんは『これちょっとウチで預かりましょう』というんです。それで『預かってももしかしたら…』」と、マミヤ氏は大胆な手口を報告した。

ネットでは「動物悪徳ブローカーの話、コワッ」「動物園に転売とか悪徳獣医と組むとか手口がすごい」「名倉の何しに来たんやお前!には笑った」「動物の世界は闇が深そう」とさまざま声が集まった。次回の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」は、9月13日(木)深夜オンエア予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161136/

あなたにおすすめ