マッチングアプリで「この人はないな」と思うプロフ写真あるある7つ




オンライン上で効率よく恋人探しができるマッチングアプリ。プロフィールの中身ももちろん大切ですが、第一印象はやっぱりプロフィールに設定している写真ですよね。今回はそんなマッチングアプリで「この人はないな」とついつい思ってしまうプロフ写真あるあるをまとめてみました。

「この人はない」と思うプロフ写真

原型をとどめていないほどのフィルター加工

肌を加工するフィルターくらいならまだしも、犬や猫になりきるフィルターを使って、顔のパーツすらよくわからなくなっている写真。おちゃめな感じがして可愛いものの、実際に会ってみたら想像していた人と全然違ったなんてこともありそうなのでパス!

筋トレ写真

ジムの鏡に写った自分の写真。筋肉アピールをしたいのはわかるけれど、そんな汗臭そうな写真を載せられても……。プロフ写真ですでに筋肉自慢をしているあたり、直接会ったらずーっと筋肉や筋トレの話をされそうなのでパス!

仮装写真



ハロウィンかなにかの写真で思いっきり仮装している写真。面白そうな人ではあるものの、真剣に恋人を探しているならもっとマシな写真を使うべきだと思うわけです。会ってもふざけたことばかり言いそうなのでパス!

女の子たちに囲まれた写真

誰なのかわからないけど女の子たちに囲まれた写真や女の子との2ショット写真。恋人探しをしようとしているのに、女の子と一緒に写った写真をプロフ写真に使うってどういうことなんでしょうね……。
たまに元彼女との2ショット写真を無理やりカットしたようなプロフ写真もあるけれど、なんだかトラブルに巻き込まれそうな予感がするのでパス!

引き写真すぎて顔が見えない

背景がメインすぎて彼自身は小さすぎて見えない写真。山や有名な建築物を背景に撮った記念写真なんだろうけど、引き写真過ぎて顔が全く見えないのです。
旅行が好きということをアピールしたいのかもしれないけど、やっぱり顔は見えないと困りますよね。もはや背景ばかりを強調した後ろ姿しか写っていない写真などもパス!

グループ写真



もはやどれが本人かわからないグループ写真。男子8人くらいで写ったグループ写真で、一体どの人がこのプロフの本人なのかわからない状態に……。ルーレットみたいで楽しい? かもしれないけど、そんなリスクを負っている暇はないのでパス!

明らかにオンラインで拾ってきた写真

プロカメラマンに撮ってもらったような明らかにオンラインで拾ってきた写真。つまり本人ではなく、フェイク写真を使っていると思われるものです。普通の生活をしていてプロカメラマンに撮影をしてもらうということはほとんどありませんよね。怪しすぎるのでパス!

あなたにおすすめ