サカナクション山口「SCOOL OF LOCK!」急遽生出演

TOKYO FM+

2018/9/7 17:00

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。この日、山口の地元である北海道で大きな地震があったため、パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭とともに急遽生放送でお届けしました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」9月6日(木)放送分)



山口:知ってた? 北海道で地震があったんですよ。

とーやま校長:うん、みんな知ってる……。

山口:僕ね、びっくりしちゃって。ずっとアルバムの歌詞をやっていたんですよ。歌詞を書いている最中、Wi-Fiを切っていて、インターネットの接続もしていなかったんですよ。で、ずっとやっていたから地震も知らなくて。ついさっき知ったの。

とーやま校長:だって小樽(出身)じゃないですか。いつ知ったんですか?

山口:地震があって15時間後とかかな。姉からメールが来ていたからどうしたんだろうって思ったら、「地震の情報です」って。で、「実家はとりあえず大丈夫です」って内容だったから、すぐ実家に電話したら「今頃知ったの?」って怒られちゃった。

とーやま校長:浮世離れしすぎっすね。

山口:だから繋がっておかないとだめだなと思ったし、今日は北海道の人たちのことをちゃんと聞かなきゃいけないと思って、無理言って来させていただきました。

とーやま校長:いや、一郎先生がこうやって自分の作業をほっぽり出してきてくれているのはめちゃめちゃ嬉しいですよ。

山口:僕、大阪の台風も知らなかったのよ。だから、なんかこう……みんなのことを代弁したいとか音楽で何かを伝えたいって思っている立場なのに、こんなに浮世離れしていたらそんなことできるわけないと思って。考え方を改める。だから、潜って歌詞を書くっていうことと、社会と繋がらないっていうことは考え直さないといけないね。

とーやま校長:そうですね……。でも、僕の意見ですよ。今までサカナクションというバンドとか音楽とかにずっと向き合い続けていて、そこまでストイックにできる方ってそんなにいないと思うんですよ。だからこそ、サカナクションのかっこいい音楽を僕達は浴びることができるわけで。そうしてほしいっていうことでもないんですけど、そんな一郎先生を好きだっていうみんな、そうじゃないっていうみんなもいるっていうこともわかってほしい……。

山口:難しいよね……こういうの。どうしたら良いのかなって思っちゃって。ミュージシャンも、震災とか西日本の豪雨の災害もあったけど、そういう時に何か発言したり……状況が難しいじゃないですか。偽善だって言われたり、売名行為だって言われたりするから。そういった難しい社会の中で、僕たちが素直に気持ちを伝えられるような場所だったり、そういう環境みたいなのが必要だなって思います。
いろんな専門家がいるわけじゃないですか。気象に詳しい人とか災害に詳しい人とか、僕らはミュージシャンで……、得意分野があるわけですよね。
そこでどう貢献するかっていうのは、本能で、普通のことだと思うから。どんどんやっていくべきだなって思い始めてます。

さらにこの日は、「サカナLOCKS!」の時間だけでなく、番組終了までリスナーの声に耳を傾けました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年9月14日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

あなたにおすすめ