ウナギの代わりにナスはどうだ!群馬県民が愛するナスの蒲焼き丼のレシピとは?

このところウナギは絶滅危惧種とかであまりたくさん出回らないようだ。それに食べる時もどこか気が引ける感もある。絶滅などと言われると食べてはいけないような。いや、そこまで考えなくてもいいのだろうけど、そんな気分から逃れられない。

だが群馬県民はそんなこと気にしないとか。なぜならば、彼らはウナギの蒲焼きに見た目そっくりの、ナスの蒲焼きを食するというのだ!

9月6日放送の「秘密のケンミンSHOW」ではどんぶり祭りBEST10と称して、全国のケンミンが愛してやまない特別な丼メニューを一度に紹介。それぞれのご家庭でも作れるらくらくレシピも映像で見せる親切ぶりだった。そこで第5位に登場したのがナスの蒲焼き重。一見するとウナギの蒲焼きにしか見えないのだが、実はナス!これならどんどん食べちゃっても絶滅を気に病む必要はない、だってナスが絶滅の危機に瀕するなんてありえないだろうから。
群馬県に取材すると、ナスの蒲焼き重を注文する県民が発見された!テーブルに来た蒲焼き重をおいしそうに食している。だが見た目がウナギで食べたらナス、となるとガッカリ感を感じてしまうのは?と聞くと「ガッカリ感なんかない!感激感!」と元気に返すではないか。というのは、ナスの下に鶏の照焼きが潜んでいるのだ。なるほど!ナスと鶏と一度に食べるのなら、感激感でお腹がいっぱいになりそうだ。

お店で食べるのがおいしいに決まっているが、ここでご家庭でもかんたんにできる、ナスの蒲焼き重らくらくレシピを紹介しよう!

まずナスの皮をむき、
電子レンジでチンして蒸す。600Wで3分半くらいでいいだろう。
そして箸で切れ目を入れて”開く”。本当に魚を開くように切ると、なんとなくそれっぽくなるから面白い。
油をひいたフライパンで、焦げ目がつくまで焼いたら、
市販のウナギのたれをたっぷりまぶそう。山椒をかければ、なんだかウナギの蒲焼きっぽいぞ!
次に鶏肉も焼いてウナギのたれで照焼きにしよう。
最後に、丼のごはんに刻み海苔を敷き、鶏肉とナスをのせる。残ったたれもかければ、気分はウナギ、中身はナスの蒲焼き丼のできあがりだ!
面白い!と思ったらぜひ、家庭でも試してみてほしい。何も言わずに出したら、家族の反応も楽しめるかも。なにこれ?!ウナギじゃないの?と驚愕するにちがいない!上のレシピを参考に、どうぞ!

【文:境 治】

あなたにおすすめ