土日は広範囲で激しい雨 非常に激しい雨も

日直予報士

2018/9/7 16:37

今夜から月曜日頃にかけて九州から東海、北陸で大雨の恐れ。激しい雨が降り続き、非常に激しく降る所も。

●前線や熱帯低気圧の動向は

きょう7日(金)は九州から関東付近に前線が延びており、日本海側を中心に雨が降っています。前線は、あす8日(土)は九州から東北付近に延び、しばらく停滞するでしょう。一方、沖縄付近には熱帯低気圧があります。台風まで発達する可能性はなくなりましたが、あすにかけて東シナ海をゆっくり北上するでしょう。熱帯低気圧周辺の暖かく湿った空気が前線に向かって流れ込むため、前線の活動が活発になりそうです。

●今夜から広く激しい雨に

きょう日中は九州や中国、四国などに発達した雨雲がかかり、1時間に30ミリを超えるような激しい雨の降った所がありました。今夜はさらに広い範囲に発達した雨雲がかかりそうです。あす8日(土)にかけては、九州から東海、北陸のあちらこちらで激しい雨が降り、局地的には非常に激しく降るでしょう。「非常に激しい雨」とは、滝のようにゴーゴーと降り続く雨で、水しぶきで視界が悪くなるほどです。道路はあっという間に冠水したり、低い場所に水が流れ込んだりするでしょう。

●激しい雨が断続 大雨の恐れ

前線は9日(日)、10日(月)も同じような場所に停滞するため、同じような場所で激しい雨が降り続く恐れがあります。今のところ、発達した雨雲がかかりやすいのは九州南部や四国から北陸周辺で、わずか1~2日程度でひと月分以上の雨が降ってしまう可能性もあります。川の水かさが急激に増し、氾濫することも考えられます。雨が強まるタイミングや場所は、今後も変わる可能性がありますので、tenki.jpの雨雲の動きをこまめにチェックするとよいでしょう。

あなたにおすすめ