中居正広、声優の梶裕貴とアフレコに挑戦「俺やっていこうかな」

9月5日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)では、アニメの声優に疎いというMCの中居正広が、若手人気声優の梶裕貴から声優という仕事について学んだり、アフレコに挑戦することで「やっていこうかな」と興味を示す場面が見られた。

梶裕貴の人気にジャニーズの中居が嫉妬!



この日、アニメの声優陣に疎いという中居と、『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガー役や『僕のヒーローアカデミア』の轟焦凍役で知られる人気声優の梶が対面。

声だけでなく甘いルックスで人気を誇る梶が、映画の舞台あいさつの中で配役の轟を演じながら「夏は暑いから…俺が冷やしてやる!」と発し、その一言だけで会場から「きゃー!」という黄色い声援が飛び交っているVTRを見て、中居は「なんだよ~!俺でも言ったことないわ!」と悔しそう。

女性ファンを多く持つ梶に、中居は「きゃー!って言ってる人たちは梶君がやってるキャラクターが好きなんでしょ?最初はまずアニメファンになってキャラクターを好きになって後から(その声優)じゃん?」と疑問を投げかける。

これに梶は「お客さんによってはもともと漫画がある作品もあったりするわけで、そこからアニメも見てみて“このキャラキター好きだな”って、もしその上で『この声好きだな』とか『このお芝居好きだな』っていう所から、『この作品の声優さんは(別の作品の)この声やってたんだ』って、声優自体に興味を持って下さる方は最近多いかもしれないですね」と説明。

また声優の役割について「やっぱりもともとはキャラクターありきでその後ろで声を当てる存在だと思うので、極端なことを言えば表に出るべきではないのかもしれないんですけど、作品をより多くの方に見ていただく(ために貢献したい)」と語った。

声優業に興味のなかった中居だったが、アフレコに挑戦すると、梶に「(中居さんは)最後のセリフなんか特に役を掴んでるというか、ピッタリ口もはまってましたし」と絶賛。これに気を良くした中居は「え~!俺やっていこうかな」と声優という仕事に興味を示していた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ