今夜『dele』、圭司と祐太郎は毒物殺人事件の真相に迫る

 俳優の山田孝之菅田将暉がダブル主演を務める金曜ナイトドラマ『dele』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第7話が今夜放送される。今回は、圭司(山田)と祐太郎(菅田)が毒物混入事件の真相に迫っていく。

【写真】『dele』第7話フォトギャラリー

祐太郎は、依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取り「dele.LIFE」に戻ってきた。依頼されていたファイルを消そうとする圭司だったが、姉の舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知する。

その男とは死刑囚の笹本清一(塚本晋也)。8年前、バザー会場でジュースに毒物を混入し、4名の死者を出した事件で逮捕されるも、無実を主張し続けている男だった。“削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない”と考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請。すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が保存されていた。

この映像で死刑判決が覆えるかもしれないと考える舞だったが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示す。そんな中、真相を調べてみることにした祐太郎は、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy‐D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手。さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも判明する…。

金曜ナイトドラマ『dele』第7話は、テレビ朝日系にて今夜9月7日23時15分放送。

あなたにおすすめ