アニメ『どろろ』来年1月放送&舞台化決定 鈴木拡樹、鈴木梨央ら出演

 “マンガの神様”手塚治虫の未完の傑作『どろろ』のテレビアニメ化が決定し、第1弾キービジュアル、PVの公開に加え、メインスタッフ直筆の色紙や、声優を務める鈴木拡樹、鈴木梨央のコメントが到着。さらに鈴木拡樹主演による舞台化も明らかになった。

【写真】『どろろ』キャラクター画&キャスト、場面写真、スタッフ陣によるサイン入りイラスト色紙、ロゴ

生まれる際に12体の鬼神に奪われた身体を取り戻すために旅をする百鬼丸(鈴木拡樹)と、彼に救われて旅を共にするどろろ(鈴木梨央)、彼らを見守る謎の法師・琵琶丸(佐々木睦)の生き様を描く本作。ナレーションは麦人が務める。

監督に『機動戦士ガンダムUC』『るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐』などで知られる古橋一浩、シリーズ構成に『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』で評価の高い脚本家の小林靖子、キャラクター原案は『テガミバチ』『アイル』の作者・浅田弘幸、キャラクターデザインに『いぬやしき』の岩瀧智と豪華な顔ぶれが決定。今回の発表に際し、それぞれ色紙を寄せている。

舞台を中心に活躍し、テレビアニメ声優初挑戦となる鈴木拡樹は「手塚治虫先生の名作に関わる事が出来てとても光栄に思います。百鬼丸を演じるにあたり、【どろろ】との関係構築、バディー感を大切に演じたいと考えています」とコメント。舞台化についても「また舞台でも同じ役を演じさせて頂けることはとても貴重な機会だと思います」と意気込みを表している。

鈴木梨央は「手塚治虫さんの有名な作品『どろろ』しかもどろろ役で出演できるとわかった時は言葉にならない喜びがこみ上げてきて感慨深いものがありました」と大人びたコメント。さらに「アニメの原画を見せて頂いたのですが、凄く可愛くて演じるのがとても楽しみです。どろろは難しい役どころですが、百鬼丸さんにもお力を借りて私らしいどろろを演じることができたらなぁ。と、思います」と語っている。

公開されたPVには、『どろろ』の持つテーマ性と濃密なストーリー、相対する鬼神との圧倒的なアクションシーンが詰め込まれたものとなっている、

テレビアニメ『どろろ』は、2019年1月より放送予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ