兵馬様と龍一が「俎上」!ももは自身の出生の秘密を知り…『高嶺の花』波乱の9話

9月5日に放送される、石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系、毎週水曜22:00)第9話で、京都神宮流の次の家元を決める「俎上」が、京都の流派・神宮流家元候補である神宮兵馬(大貫勇輔)と異母兄弟の龍一(千葉雄大)とで行われる。また、月島もも(石原)は、自身の出生の秘密「市松は実の父ではない」ことを知り動揺する……。

野島伸司が脚本を務める本作は、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、さらには圧倒的な才能まですべてを持ち合わせたヒロイン・ももと、平凡な自転車店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描く純愛エンターテインメント。

前回、月島流の次期家元を決める「俎上」で妹なな(芳根京子)に敗れ、すべてを失ったもも。一方ななは、父で家元・市松(小日向文世)の票で勝ったものの、自分がももより優れているとは思えない。ななが市松に選んでくれた理由を尋ねると、市松は、ももが実の娘ではないことを明かした。

そんな中、京都神宮流の次の家元を決める「俎上」が龍一と兵馬で行われる。龍一は、投票の権利を持つ理事の過半数を取り込み票固めをしていた。彼がこれまで市松の企てに協力してきたのは、理事の1人である市松の票を手に入れるためだったのだ。しかし、市松はこの催事に欠席、ももとななが代理として出席したことで票が読めなくなる。もし、ななの母・ルリ子(戸田菜穂)との密会を見せつけて以来のななが票を入れるとしたら……? 兵馬に勝って神宮を継ぐことを目標に生きてきた龍一は、最後の戦いに挑む!

また、直人は図書館で出会った千秋(香里奈)と交流を深める。千秋は直人に、子どもの頃、母親から辛い仕打ちを受けていた思い出を打ち明ける。直人は、心の傷をさらけ出す千秋を温かく励ます。千秋は直人の優しさに惹かれ始めていた。そんな千秋には、さらに隠された一面があり……。

そしてももは、龍一から自分の出生の秘密を聞かされる。あの「俎上」は、実子であるななを次の家元にするために市松が巧妙に仕組んだ、出来レースだった!? 衝撃の事実に直面したももは激しく動揺し……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ