三浦春馬の美しき“ローラ”再び「キンキーブーツ」全キャスト公開

dwango.jp news

2018/9/4 12:00


小池徹平・三浦春馬が主演を務めるブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」が2019年4月16日(火)~5月12日(日)東急シアターオーブにて再演される。(大阪公演:5月19日(日)~28日(火)オリックス劇場にて上演予定)

本作は、経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた2005年に公開された同名イギリス映画をミュージカル化。シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題を集め、今もなおブロードウェイで人気を集める大ヒット作品だ。

日本では、2016年に初演。音楽・演出・振付はブロードウェイ版そのままに、主演に小池徹平・三浦春馬を迎えた。全日、即日完売、連日大盛り上がりで、スタンディングオべーションの嵐。日本中を熱狂の渦へと巻きこんだ。本作で小池徹平は、チャーリー・プライス役で第42回 菊田一夫演劇賞の演劇賞を受賞。また、三浦春馬は、ドラァグクイーンのローラ役で第24回 読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞。

そして2019年、再び小池徹平・三浦春馬の強力タッグが実現。経営不振に陥る靴工場の跡取り息子チャーリー役を小池徹平、ドラァグクイーンのローラ役は三浦春馬が演じる。共演者には、初演に続き靴工場で働く従業員のローレン役をソニン、チャーリーのフィアンセのニコラ役を玉置成実、靴工場の現場主任ドン役を勝矢が、工場長ジョージ役をひのあらたと主要キャスト続投で、それぞれがパワーアップし再集結する本作。

またこの度、全キャストを発表。前回に引き続き、飯野めぐみ、白木美貴子、施鐘泰(JONTE)、エンジェルスのメンバーには穴沢裕介、森 雄基、風間由次郎、森川次朗、遠山裕介、浅川文也、佐久間雄生が揃い、他にも藤浦功一、佐々木誠、高原紳輔、中村百花、丹羽麻由美、舩山智香子、清水隆伍、加藤潤一が本作を盛り上げる。

歌に踊りと様々なエンターテインメントで観客を魅了し、見たこともない世界へ引き込むこと間違いなし。困難な中でも自分らしく生きることの大切さを教えてくれる、笑いと感動に溢れたブロードウェイミュージカルの最高傑作、日本版「Kinky Boots」が2019年再び大旋風を巻き起こす!

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力/上演台本:岸谷五朗
訳詞:森 雪之丞

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ