行動の幅がグッと広まる!はじめての自転車で気を付けたいこと

はじめての自転車で気を付けたいこと
3~4歳を過ぎて子供が1人で自転車に乗ってみたいと言い始めたら、自転車デビューの適齢期です。子供が自転車に乗れるようになると、家族での行動範囲も広がりますね。

子供が安全に楽しく自転車に乗れるようになるためには、親のしっかりとしたサポートが大切です。そこで、自転車の選び方から、練習方法、安全に乗るために注意したいことなどについて見ていきましょう。

子供の自転車選びのコツ、持っていると安心なアイテム


まずは自転車選びです。子供のはじめての自転車を選ぶとき、何よりも大切にしたいのは“安全”です。必ず試乗して、自分に合うサイズを選ぶようにしましょう。

長い間乗れるようにと、つい大きめのサイズの自転車を選びたくなるところですが、大きすぎる自転車はバランスを崩したとき転倒のリスクが高くなります。

サドルを一番低くした状態で自転車にまたがり、両足のつま先が地面につくものが適正サイズです。両足が付けば、バランスを崩しても、立て直しやすいからです。身長が伸びたら、その分だけサドルを上げていくようにすれば、しばらくの間乗り続けることができます。

また、万が一転んだ場合のことを考えると、体を守るためにヘルメットもつけておきたいものです。

子供は大人と比べて頭の比重が大きいため、子供の自転車事故では、頭を打ってしまうケースが多いという特徴があります。自転車に乗る際のヘルメットの着用は努力義務で、かぶらなくても罰則はありませんが、子供にはヘルメットを着用させることがすすめられています。

安全面を考慮すれば、着用した方がリスクを軽減できることは言うまでもありません。

さらに、転んだときに衝撃を吸収して肘や膝の打撲や擦り傷を和らげることができるプロテクターも付けておきたいですね。

流行りの練習法はこれ!


自転車の練習を始める子供におすすめしたいのが、まずペダルを取って、“バランスを取る”ことと”ハンドルを操作する”ことに慣れることです。

最初のうちは、またがって歩くように前進することから始めますが、慣れると両足で地面を蹴りながらバランスを取って進むことができるようになります。

最近では自転車に乗る前のトレーニング用として、2歳前後から乗れるペダルやギアのないキックバイク(バランスバイク)が人気ですが、小さなうちからこれでスイスイと乗りこなせるようにしておくと、補助輪のついていない自転車にもスムーズに移行することができますよ。

安全な走行のために


自転車に乗れるようになったら、公道を走る前に安全な走り方を教えてあげましょう。

まず、交通ルールをしっかり確認します。信号を守るのは当然のことですが、自転車で歩道を走るときのルールも覚えておきたいものです。

13歳未満の子供は、自転車通行可の道路標識がない歩道でも自転車で走行することが許されていますが、歩道はあくまでも歩行者優先であることを忘れてはいけません。すぐに停車できるスピードで走るように心がけ、むやみにベルを鳴らして歩行者に自転車を避けさせることのないようにしましょう。

歩道の中でも車道側を走るようにし、歩道がない道では車道の左側を走るのがルールです。

また、安全のためには自転車のメンテナンスも欠かせません。子供が自転車に乗るようになったら、1ヶ月に1度くらいの頻度で、子供と一緒に自転車をチェックしましょう。

点検のポイントは、ハンドルやサドルが曲がったり歪んだりしていないか、ブレーキは正常に作動しているか、チェーンの張り具合、ベルやライトはきちんと動いているか、などです。

整備不良の自転車では、事故のリスクが高くなりますから、1年に1度くらいは自転車屋さんでしっかり点検してもらうのもおすすめです。

自転車は、手軽に乗ることができて行動範囲を広げてくれる、とても便利な乗り物です。一度乗れるようになると、大人になってもずっと付き合っていくものですから、子供にはきちんとした乗り方を教えてあげたいですね。

PHOTO/GraphicsRF/Shutterstock参照/AEONBIKE「はじめよう、私らしい自転車ライフ~「子どもの自転車」の選び方~」ベネッセ教育情報サイト「子どもの自転車にまつわるアレコレをお教えします!」DrivingNews「【交通安全】今すぐ子どもに教えたい交通ルール」サイクルハウスP-らんど「子供自転車に潜む危険性」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ