『サザエさん』元フネ役の麻生美代子さんが死去 共演者たちの年齢に「びっくり」の声も

しらべぇ

2018/9/3 18:30


日本を代表するアニメサザエさん』(フジテレビ系)で、1969年10月の初回から2015年9月まで磯野フネ役を務めてきた声優の麻生美代子さんが、老衰のため8月25日に亡くなったことがわかった。92歳だった。

■「頼りになる先輩」「とても残念でさびしい」


(C)長谷川町子美術館

麻生さんといえば、フネ役の他にも『アルプスの少女ハイジ』ロッテンマイヤー役、『らんま1/2』コロン役、『鋼の錬金術師』ピナコ・ロックベル役の他、『和風総本家』(テレビ東京系)でナレーションを務めていた。

訃報を受け、『サザエさん』共演者やスタッフがフジテレビを通じてコメントを発表した。

サザエさん役の声優・加藤みどりは

「放送が始まった時は私が一番年下だったのですが、それからずっと、何かあればいつも麻生さんに相談できて、頼りになる先輩でした。現場でもムードメーカー的存在なので、『サザエさん』の中でも外でも麻生さんがいれば安心してやってこられました。趣味人でもありいろんなことに前向きな方で、80歳になられても声が出るし、滑舌も良く、先輩として皆の目標になっていました。なので、私の中では同じ形で麻生さんが生きているような感じがして、懐かしい思いがします。どこにいても、麻生さんは麻生さんです」

とコメント。タラちゃん役の声優・貴家堂子も

「とても残念でさびしいです…。安らかにお眠りください」

と声を寄せている。

■「優しくて強いおばあちゃん」


ネット上では、麻生さんが声を担当した作品をセットに「大好きだったのに」「悲しい」と思い出を語る声が相次いだ。

また、死因は老衰とのことだが、「大往生できてよかった」「老衰なら仕方ない」との声も。








■サザエさん声優の年齢にビックリ


(C)長谷川町子美術館

92歳という年齢で亡くなった麻生さんだが、78歳で未だサザエ役として現役で活躍している加藤や、77歳の貴家についても驚きや心配の声があがった。

国民的アニメだけあって、慣れ親しんだ「いつもの声」がいつまで続くのか不安を抱く人もいるようだ。








■『サザエさん』を観たことがない人は…


しらべぇ編集部が全国20~60台の男女1,328名を対象に、アニメ『サザエさん』について調査したところ、「ほとんど観たことがない」と回答したのは約2割程度。50代では2割、60代では3割と高めだが、それ以外の年代では15%ほど。

(©ニュースサイトしらべぇ)

やはり、多くの日本人が親しんだアニメであることは間違いないようだ。

フネのような「日本の母」から、コロンのような「アクの強いオババ」まで演じ、多くの人に愛された麻生さん。冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→『ちびまる子ちゃん』第1話リメイク放送にネット感涙 水谷優子さん「お姉ちゃん」の声も蘇る

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ