【TWICE】サプライズ映像にメンバー号泣! 「TWICEってすてきですね」

ウレぴあ総研

2018/9/2 18:20

TWICE 左からツウィ、チェヨン、ダヒョン、ミナ、ジヒョ、サナ、モモ、ジョンヨン、ナヨン
人気ガールズグループ、TWICEが2日、東京・丸の内ピカデリーで日本初アルバム『BDZ』(9月12日発売)を記念したイベント「TWICE JAPAN 1stALBUM『BDZ』PREMIUM試写会」を行った。

途中、デビューからこれまでの軌跡を描いたドキュメント映像もメンバーにサプライズで公開され、当時を思い出したメンバーたちは涙をこぼす一幕も。「TWICEってすてきですね」とジョンヨンがしみじみ呟くと、「(映像で流れていた)『Be as ONE』は歌詞が良くて、私はあの曲を聴くたびに泣くのですが、こうやって映像をみて、どの瞬間もワンスの皆さんと一緒にいるから、素晴らしい良い思い出だったと思います」(ミナ)とメンバーとファンが一緒に積み重ねた瞬間を思い出して、笑い泣き。

「(日本デビューからの)この1年、本当に忙しく過ごしてきたので忘れかけていたこともあったような気がするんですが、映像を見ながら、忘れかけていたことを思い出すことができました」(ジヒョ)、「私たち、私にとってメンバーとONCEの皆さんが本当に大切な存在だということに改めて感動しました」(ナヨン)と、込み上げる思い、そしてファンへの感謝の気持ちを熱く伝えた。

『BDZ』のダンスを披露する場面も
この日は、CDのリリースに先駆けて配信されたリード曲『BDZ』のミュージックビデオを、映画館の迫力あるスクリーンで、メンバーとONCE(TWICEファンの総称)が一緒に観覧。

リード曲『BDZ』の映像は、TWICEが悪者を打ちのめすストーリー仕立てで、TWICE史上もっとも痛快なMV。曲についてメンバーは「愛と幸せに向かって、目の前の壁を壊し、ブルドーザーのように強く、前へ、進んでいこうとする想いを込めた楽曲です」(ジヒョ)。

また「ヒーローの演技とか、とても楽しかったです」(ダヒョン)と撮影を振り返る。ダンスについても「とても印象的で、ぜひ皆さんに踊っていただきたいです」(ツウィ)。「ダンスは(事務所の社長兼アーティストである)J.Y.Parkさんが、実際に教えてくださいました。“リズムに乗らないといけないよ”と」(モモ)。その後、全員でダンスを披露すると、客席も踊りたそうにうずうず。

映像を見終わると、「TWICE、演技がよかったですねえ……映画みたいでした!」(ジョンヨン)、「女優の気分でした」(チェヨン)とメンバーは大興奮。ジヒョは、今回MVのナレーションを初めて担当したサナに、「ナレーションを聞きたいです!」とおねだり。「長いから……」とやんわりスルーしようとするも、「じゃあ、ONCEに伝えたい言葉でナレーションしてください」とさらにハードルをあげられ、渋々ながらも即席ナレーションをすることに。深呼吸したサナは客席に背を向けた後、すっと振り返ってナレータースイッチをオン。「……ラブリーのいるこの世界は、ONCEが必ずいなければならない」と感情を抑えた芯のある声が響く。会場は水を打ったような静けさ。羞恥心に耐え切れず、両手で顔を覆ってしまったサナを再び笑顔にしたのは、時間差で沸き起こったONCEからの大歓声だった。

なお、9月27日からは「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”」もスタート。1年間、日本の音楽シーンを走り続けた彼女たちの本気のステージにも注目したい。

★このイベントの模様は、9月21日発売の雑誌『韓流ぴあ』10月号にも掲載! お楽しみに!!

★イベントでお披露目されたドキュメンタリー映像はこちら ⇒ https://youtu.be/LsSZbRReWNY

あなたにおすすめ