井上陽水 デビュー50周年イヤーに アルバム25タイトル一斉配信

E-TALENTBANK


1969年9月1日「アンドレ・カンドレ」名義でデビューした井上陽水。

2018年9月1日にデビュー50年目を迎える。50周年の企画として過去のアルバム25タイトルを一斉配信となり、各主要配信サイトにて、ダウンロード(ハイレゾ含む)、ストリーミングが9月1日よりスタートする。

日本発のミリオンセラーアルバム「氷の世界」、「少年時代」「最後のニュース」も収録された「ハンサムボーイ 」、セルフカバーアルバムの先駆けともなった「9.5カラット 」等々、名盤の数々やヒット曲の名前を挙げれば枚挙に暇がない。

初期70年代はポリドール作品、以降、フォーライフミュージックエンタテイメント時代、そして現所属のユニバーサル ミュージック、とレコード会社の垣根を越えたビッグプロジェクト。

今回のリリースにあたり世界的マスタリング・エンジニア、テッド・ジェンセンがリマスター。名盤達を色鮮やかな思い出とともに楽しむことができる。コアな陽水ファンから、「少年時代」は知っているという様な超ライトユーザーまで、名曲の数々に触れる機会となるだろう。

そしてこのアルバムがボックスセット「YOSUI BOX Remastered」として12月19日にリリースされることが決定。配信される25タイトルに加え、ライブアルバム「東京ワシントンクラブ」(初CD化)を収録、さらに特典として、井上陽水が出演したCM映像を初DVD化し特別収録。※映像の詳細は後日発表される。

ダウンロード、ハイレゾ配信、ストリーミング、ボックスセット、と、ユーザー嗜好にあわせたラインナップとなっている。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ