有働由美子アナ、『5時に夢中』に特別MCで出演決定 下ネタへの対応に注目集まる

しらべぇ

2018/8/31 20:30


(ozanuysal/iStock/Thinkstock)

31日、TOKYOMXは同局の看板番組『5時に夢中』に、NHKを退社したフリーアナウンサーの有働由美子が「特別MC」として出演すると発表した。

■ふかわの代打として出演


有働アナが出演するのは9月10日の月曜日。レギュラーMCのふかわりょうが夏休みのため、「特別MC」として登場する。

月曜日は有働と懇意で同じ事務所に所属するマツコ・デラックスがレギュラーコメンテーターを務めており、その縁もあり出演に至った模様だ。

番組は『サマーウーマンMCフェスタ2018』と銘打たれ、有働のほか11日に大島由香里、12日は大橋未歩が登場。

そして岩井志麻子・中瀬ゆかりが出演し、下ネタが乱舞する13日木曜日は、高橋真麻が担当。高橋は複数回出演しているが、岩井・中瀬の「スケベおばさん」にどう対処するか注目される。

■「下ネタ」への対応に注目


『5時に夢中』といえば、マツコ・デラックスや岡本夏生、中村うさぎ(両者は現在降板)岩井志麻子、中瀬ゆかりら個性的なコメンテーターによる自由な発言が名物の番組。

取り扱う内容も様々だが、下ネタが多いのが特徴。現在のアシスタントである上田まりえも、番組内でたびたび「睾丸」「キン○マ」など、卑猥な原稿を読まされている状況だ。

それはゲストアシスタントも例外ではなく、元NHK神田愛花や『サンデーモーニング』(TBS系)の橋谷能理子も『5時夢』に出演し、「洗礼」を受けたことがある。

今回はMCとして出演のため、原稿読みはないものと見られるが、それでも番組が「下ネタ」を語らせようとする可能性は高い。『あさイチ』(NHK)でたびたび下ネタギリギリの発言をしていた有働だが、『5時夢』のノリはかなり過激。

どのように対処していくのか早くも注目されている。

■ネット民は驚きの声


NHKの元エース・有働アナが、ローカル番組の『5時に夢中』に出演するという事実に、ネット民は驚きや期待の声を上げている。

「リミッターを外した有働由美子が見られるかも」

「出るリスクが高いような気もする…」

「『5時夢の洗礼』にどう対処するのか見もの」

「マツコがいるから上手くフォローしてくれると思う」

「マイナーリーガーの代打にメジャーリーガーが出てくる感じ」

「下ネタにどう対応するか見もの」

■攻めの姿勢が一部に評価されるTOKYOMX


これまで訳ありタレントの起用など攻めの姿勢で、一部から高い支持を集めているTOKYOMX。今回も有働アナを出演させるという「攻めの一手」を放った。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代から60代の男女1,353名に調査したところ、「TOKYOMXテレビは攻めている」と考えてる関東地方の住民は2~3割にのぼった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

元NHKのエース有働由美子が下ネタ満載の『5時に夢中』でどのようなMCぶりを見せるのか注目したい。

・合わせて読みたい→MX『5時に夢中』岡本夏生の降板にファンは「またか」と呆れ

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月20日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1,353名

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ