ウマ娘、初の“アニサマダービー”全力疾走!会場が芝コースと化す

dwango.jp news

2018/8/25 18:28


ウマ娘 プリティーダービーが25日、さいたまスーパーアリーナにて開催中の世界最大のアニソンイベント「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」2日目公演に初出場。“アニサマダービー”を全力で走りきった。

Cygamesが贈るメディアミックスコンテンツ『ウマ娘 プロジェクト』より誕生した“ウマ娘”。2018年冬にスマートフォン向けゲームアプリが配信される予定だが、それに先駆けて今年4月~6月期にテレビアニメが放送。名馬を美少女化した「ウマ娘」たちの友情や努力が描かれ、人気となった。



この日、駿川たづな役の藤井ゆきよが「まもなく出走です。大きな声援よろしくお願いします!」と呼びかけると、ウマ娘たちがアリーナにズラリと並ぶ。本日の出走馬は、和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、大坪由佳(タイキシャトル役)、大西沙織(メジロマックイーン役)、大橋彩香(ウオッカ役)、鬼頭明里(セイウンスカイ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、高橋未奈美(エルコンドルパサー役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、巽悠衣子(ヒシアマゾン役)、徳井青空(テイエムオペラオー役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、松井恵理子(フジキセキ役)の15人。スタンバイが完了すると声援が飛び交う中、元気よくスタートを切った。

会場のペンライトは緑一色となり、一瞬にしてさいたまスーパーアリーナが“芝コース”を化した。その中をウマ娘たちが生き生きと走り抜けていく。

アリーナの激走からステージに上がったウマ娘たち。徳井が「みんなの声援で私たちがもっと早く走ることができます。応援してくれるかーい!?」と投げかけ、「ウマ娘 プリティーダービー」のテーマソングである『うまぴょい伝説』、テレビアニメのオープニング曲『Make debut!』、そしてエンディング曲『グロウアップ・シャイン!』と3曲をパフォーマンス。初めての“アニサマダービー”を大盛況で終えた。

「Animelo Summer Live」はアニソン界の人気アーティストが一堂に会する世界最大規模のアニソンイベントで、通称「アニサマ」。2005年に初開催され、14年目となる今年は「OK!」をテーマに、さいたまスーパーアリーナにて8月24日から26日まで実施される。3日間で約8万人を動員する予定。

ⓒAnimelo Summer Live 2018/MAGES.

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ