M・ウォールバーグと4度目のタッグ! P・バーグ監督最新作が日本公開

クランクイン!

 俳優のマーク・ウォールバーグが主演を務め、映画『ローン・サバイバー』のピーター・バーグ監督がメガホンをとる映画『MILE22(原題)』が、邦題を『マイル22』として2019年1月に日本公開されることが決まった。

【写真】「マーク・ウォールバーグ」フォトギャラリー

本作は、映画『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』の主演・監督コンビが4度目のタッグ組んだアクション大作。CIA機密特殊部隊を率いる主人公をマークが演じ、世界を揺るがす危険な物質の行方を知る重要参考人を、映画『ザ・レイド』シリーズで脚光を浴び、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出演したインドネシア出身の俳優イコ・ウワイスが演じる。

世界を揺るがすある危険な物質が盗まれ、その行方を知るリー・ノアー(イコ)が発見された。重要参考人として保護されたリーだったが、彼を抹殺するため、多数の武装勢力が送りこまれる。彼を国外に脱出させるため、ジェームズ・シルバ(マーク)率いるCIA機密特殊部隊は、インドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(34.5km)を護衛する究極のミッションに挑む。

ジェームズと共にミッションに挑む特殊部隊隊員を、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズで知られるローレン・コーハンや、初代UFC世界女子バンタム級王者で映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『ワイルド・スピード SKY MISSION』に出演したロンダ・ラウジーが演じる。さらにシルバたちを援護する部隊の司令官ビショップ役を映画『RED/レッド』シリーズのジョン・マルコヴィッチが務める。

このたび、日本公開決定と併せてティザービジュアルが到着。マシンガンを構えるマークが、正体不明な機密特殊部隊のソルジャーを表現したスタイリッシュなデザインに仕上がっている。

映画『マイル22』は2019年1月より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ