パンマニアが厳選!横浜赤レンガ倉庫「パンのフェス」出店の注目ベーカリー10選

じゃらんnews

2018/9/14 12:00


パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ

2016年春の初開催以来、約50万人ものパン好きを動員してきた「パンのフェス」。今年も9月15日(土)~17日(祝)の3日間、横浜赤レンガにて「パンのフェス2018秋」が開催され、地元神奈川の人気店から遠方の名店までおよそ60店のベーカリーが大集結します。

そこで今回は、1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・パン料理研究家としてご活躍中の片山智香子さんを直撃!「パンのフェス2018秋」出店リストの中から、とくに注目の10店をピックアップしていただきました。

フェスへ行く予定の人はしっかり予習を。残念ながら行けないという人は、イベント終了後にぜひお店を訪ねてみてくださいね♪

記事配信:じゃらんニュース

パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ
開催期間/ 2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
開催時間/9月15日(土) 11:00 ~ 19:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
9月16日(日) 11:00 ~ 19:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
9月17日(月・祝) 11:00 ~ 17:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
開催場所/ 横浜赤レンガ倉庫イベント広場
パンマニア片山さんの注目10店はこちら
ベーカリー ペニーレイン
ベーカリー ペニーレイン那須高原の緑豊かな環境にたたずむ本店。オーナーがビートルズファンのため、ビートルズ関連のアイテムがいっぱい
片山さんが「大好きすぎて那須の本店まで行きました!」と語るペニーレインは、行列のできるお店としてあまりにも有名。

そんなお店の代名詞といえるのが、1日になんと900個も売れるという「ブルーベリーブレッド」です。オリジナルのブルーベリーソースを練りこんだ生地に、ブルーベリージャムをたっぷり巻き込んで焼き上げた贅沢な一品で、切り口からトロリと溢れるジャムがまた格別。「パンのフェス」でももちろん登場しますが、本店ではあっという間に売り切れてしまう商品なので、見つけたら即買いをオススメします!

ペニーレインのパンはひとつひとつがとってもボリューミーで、こだわりの詰まった総菜パンもいっぱい。ぜひお腹をペコペコにして行ってくださいね。
豊かな風味とずっしりした質感!ブルーベリーブレッドは即買いで。

ベーカリー ペニーレイン

不動の人気No.1「ブルーベリーブレッド」640円。1斤につき130gのブルーベリージャムを巻き込んでおり、とっても風味豊かです。

ベーカリー ペニーレイン

サクサクのデニッシュ生地にカスタードクリームとリンゴをはさんだ「リンゴスター」360円。ブルーベリーブレッドに次ぐ大人気商品ですよ。
ベーカリー ペニーレイン
TEL/0287-76-1960
住所/栃木県那須郡那須町湯本656-2
営業時間/8:00~17:00(レストランは~LO17:00)、繁忙期延長あり
定休日/なし
アクセス/東北道那須ICより20分
「ベーカリー ペニーレイン」の詳細はこちら
Pain de U(パンドウー)
青い壁が印象的なお店。2階のおしゃれなカフェスペースでは、パンはもちろん、ナポリピザや自家製スイーツなどもゆっくり楽しめる
こじんまりしたお店ながら、ハード系から惣菜系まで多彩なラインナップを揃えるパンドウー。とくにデニッシュ系が充実している印象です。「自分たちが本当に食べたいと思うパンを形にして地域の皆さんに」という思いでパン作りをされているそう。

某テレビ番組でも取り上げられた不思議食感のベストセラー「KINAKO」、北海道産小麦ゆめちからを100%使用した食パン「ゆめちから」など、話題の品がたくさんあって迷ってしまいます。片山さんは「私はここの横濱クロワッサンがお気に入り!」と。

「パンのフェス」にも自信作が揃いますが、気になる人はお店へも足を運んで色んなパンを試してみてください。
豊富なデニッシュ類と、アイディア満載のパン作りにファン多し。



「ゴルゴンパイナップル」230円。焼いて甘さを引き出したパイナップルと、ゴルゴンゾーラの独特な塩気がコラボ。はちみつトッピングで芳醇さアップ!

Pain de U

豆乳フランス黒豆入り250円。ハード系の見た目ながら中はしっとり。豆乳ベースの生地、ほんのり甘い黒豆かのこが女性のハートをわしづかみ。
Pain de U(パンドウー)
TEL/045-312-6808
住所/神奈川県横浜市神奈川区二ッ谷町2-1
営業時間/8:00~19:00(カフェは8:30~18:30、火曜のみ~16:30)
定休日/木
アクセス/JR東神奈川駅より徒歩3分
「Pain de U」の詳細はこちら
ポンパドウル元町本店
ポンパドウル元町本店チェーンながら、すべての店舗が工房を備え、粉から仕込んでいるのがポンパドウルの特徴。どの支店でも焼きたてのおいしさを楽しめる
片山さんが主宰する「パン屋さんめぐりの会」でも何度か共同試食会を行ったというポンパドウル。「ここのチーズバタール、時々無性に食べたくなるんです。ゴロゴロ入ったチーズがとコクを出して美味しい」と片山さん。

「パンのフェス」で注目を集めそうなのは「カフェ・オ・レザン」です。蒸したレーズンをコーヒーに漬け込んで使用しており、コーヒー好きにもレーズン好きにもたまらない逸品。
そのほか「パンプキンメロンパン」や「紫いもゴマ団子」といった秋の新商品、「チーズバタール」「横須賀海軍カレーパン」等の定番ロングセラーなど、チェックしたいパンがいっぱい!本店は横浜元町ですが、全国に支店があるのでお店に行きやすいのも魅力です。
新商品は毎月登場!一店舗一工房型のこだわりパン屋さん

ポンパドウル元町本店

パンフェスでは、10月1日新発売予定の「カフェ・オ・レザン」(734円)を先行販売。カフェオレ風味のブレッドとレーズンの組み合わせが斬新な、カリフォルニア・レーズンコンテスト大賞を受賞した商品です。

ポンパドウル元町本店

かぼちゃを練りこんだ生地に、カボチャ風味のクッキーをのせて焼いた新発売の「パンプキンメロンパン」は172円。
ポンパドウル元町本店
TEL/045-681-3956
住所/神奈川県横浜市中区元町4-171 ポンパドウルビル1階
営業時間/9:00-20:00
定休日/不定
アクセス/みなとみらい線元町中華街駅より徒歩7分
「ポンパドウル元町本店」の詳細はこちら
麻布十番モンタボー 麻布十番本店
麻布十番モンタボー 麻布十番本店「おいしいパンは人を幸せにする」をテーマに、四季折々のパンを丹精込めて焼き上げている
創業43年、全国に約70店を展開するベーカリーチェーン。「庶民的なパンも多く、中でも北海道牛乳パンは老若男女に愛される優しい味でおすすめ」と片山さん。世界遺産・屋久島の縄文水で仕込んだ銘水食パン「吟屋久島」なども名物です。

そして今年の春、「毎日飽きない、美味しい、楽しい」をコンセプトに開発された新感覚の食事パン、バウムブレッド「なちゅる」を発売。丸太のようなフォルム、ソフトな食感、そして食べ方のバリエーションの幅広さなどで話題に。
「北海道牛乳パン」は季節ごとに旬のテイストを盛り込んだバージョンが店頭を飾るので、イベント後も要注目ですよ♪
新しいのに、懐かしさを感じさせる優しい味わいのパンたち。

麻布十番モンタボー 麻布十番本店

「北海道牛乳パン」446円。テレビや雑誌で何度も取り上げられる人気No.1商品。今年2月に4代目が誕生し、発売22年を経ても進化を続けています。究極のふんわり&しっとりをご堪能あれ!

麻布十番モンタボー 麻布十番本店

バウムブレット「なちゅる」598円。ミミまでしっとり柔らかく、アレンジも自由自在。食パンに飽きた時にもオススメです。
麻布十番モンタボー 麻布十番本店
TEL/03-3455-7296
住所/東京都港区麻布十番2-3-3
営業時間/8:30~21:00
定休日/1月1日
アクセス/東京メトロ・都営地下鉄麻布十番駅より徒歩3分
「麻布十番モンタボー 麻布十番本店」の詳細はこちら
AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)
AFFIDAMENTO BAGEL店内にはベーグルやドリンクを楽しめるイートインスペースも。スタイリッシュなインテリアで、レンタルスペースとしても使用可能
天然酵母(白神こだま酵母)と北海道小麦ゆめちから100%にこだわり、多彩なナッツやドライフルーツを贅沢に使用したベーグルで知られるこのお店。アレルギーのある人にも安心して食べてもらいたいと、卵・牛乳・バター無使用のメニューもあります。

もっちりした歯ごたえながら引きが強すぎず、ベリーの甘みやナッツの香ばしさを存分に楽しめる抜群のバランス。片山さん曰く、「余計な材料が入っていないから、素材本来の旨味がダイレクトに出るんです」と。

店頭営業は土・日のみですが、オンライン販売にて全国発送しているため気軽に購入できます。冷凍で1か月保存できるので、たくさんの種類を取り寄せて食べ比べてみては。
「アフィダメント(信頼)」の名に思いを込めた厳選素材ベーグル

AFFIDAMENTO BAGEL

「ミルクティーホワイトチョコレート」300円。アールグレイを牛乳で丁寧に煮だし、水の代わりに生地に練りこんだベーグル。茶葉とホワイトチョコレート入り。

AFFIDAMENTO BAGEL

サンリオ・セガトイズ共同開発のキャラクター「リルリルフェアリル」とのコラボベーグル、「りっぷベーグル‐ピーチ&マンゴー」320円。フラワーの妖精「りっぷ」をイメージしたお花型のスタイルが可愛い!
AFFIDAMENTO BAGEL(アフィダメントベーグル)
TEL/042-400-5287
住所/東京都多摩市山王下1-12-12 福満ビル2階
営業時間/9:00~17:00
定休日/月~金、祝
アクセス/小田急線・京王線多摩センター駅より徒歩7分
「AFFIDAMENTO BAGEL」の詳細はこちら
MIYABI
MIYABIカナダ・ケベック州産の100%純正メープルシュガーとメープルシートを贅沢に使用した「デニッシュ食パン メープル」1斤756円。軽くトーストすると風味がアップ!
デニッシュ食パン「MIYABI」は、約35年前に京都・祇園のパン職人がクロワッサンのような食パンを目指し、試行錯誤の末に完成させたもの。熟練のパン職人が10~11時間かけて一本一本焼きあげており、外はさっくり、中はふわふわの逸品です。もちろん、片山さんも「大切な人への贈り物にもできるし、自分へのご褒美としても食べたい一品」と大絶賛。

現在では抹茶大納言、チョコレート、オレンジ、メープル、さつまいもなど様々なバリエーションも誕生し、楽しみも広がっています。都内2軒の直営カフェや大手デパートなどのほか、工場への電話注文やオンラインショップでも入手できるのでチェックしてみてくださいね。
京都生まれの上品なデニッシュ食パンに感動。

MIYABI

「デニッシュ食パン 抹茶大納言」1斤864円。北海道産大納言を折り込んだ京都・宇治抹茶の生地と、ミヤビパン特製のミルク風味生地が重なる大人のデニッシュ。

MIYABI

「デニッシュ食パン ショコラ」1斤918円。チョコレートをふんだんに練り込んだ生地に、フランス産のビターチョコチップを散りばめた贅沢な味。
MIYABI
TEL/03-6423-6206(通信販売対応)
営業時間/通信販売 電話受付9:00~17:00
「MIYABI」の詳細はこちら
BLUE TREE
BLUE TREE八芳園の中にある落ち着いた雰囲気の「Thrush Cafe」内。農園直送の新鮮野菜を用いたヘルシー料理と一緒に味わうことも
結婚式場・八芳園内のカフェで取り扱われているBLUE TREEのパン。テーマは一貫して「素材の美味しいパンであること」です。

パン職人の青木健文氏が「国産素材にこだわった無添加パンを作りたい」との思いから日本各地の素材を探り、出会ったのが伊豆大島の牛乳とバターでした。そうして生まれたのが「大地の恵み Nipponのクロワッサン」。片山さんによれば「クラストはパリッと香ばしく、バターの薫り高いクラムの層部分はしっとり舌に気持ちよくとけていく。このコントラストが絶妙!」だそう。

クロワッサンに並ぶ人気シリーズ「野菜のふんわりソフトパン」にも注目を。ごぼう、にんじん、トマト、だだ茶豆、紫いもなど色も形も様々で、見ていて楽しくなります。
国産素材と無添加へのこだわりから生まれた、心と体に嬉しいパン。

BLUE TREE

野菜嫌いの子どもたちに食べてもらいたいと、旬の野菜そのものの甘みを生かして作られた「野菜のふんわりソフトパン」は各種100円。

BLUE TREE

大島で作られたバターと牛乳を使用した「大島の恵み Nipponのクロワッサン」300円。BLUE TREE創始のきっかけとなった定番商品!
BLUE TREE
TEL/03‐3443‐3105
住所/東京都港区白金台1-1-1(八芳園Thrush Cafe内)
営業時間/11:00~21:00
定休日/なし
アクセス/東京メトロ南北線・都営三田線白金台駅より徒歩1分
「BLUE TREE」の詳細はこちら
ブレドール
ブレドールブルーと白を基調にした爽やかな外観のブレドール。店の奥にあるティールームではサンドイッチやフレンチトーストなども味わえる
葉山にオープンして20年の老舗パン屋さん、ブレドール。素材や製法にこだわり、旬の果物や鎌倉野菜、和三盆など様々な食材と組み合わせてプロデュースするパンはどれも絶品!と評判です。
中でもとくに有名なのが、フランス産のエシレバターを使ったリッチな味わいの角食パン。某メディアの高級食パンランキングで、なみいる有名店をおさえて堂々の1位を飾り、大きな話題となりました。「きめが細かく絹のような舌ざわり。芳醇な香りが鼻腔をくすぐります」と片山さん。

パン食べ放題のモーニングも行っており、週末などは早朝から大行列になる人気ぶり。焼きたてのパンが次々と運ばれてきて、お腹がはちきれるそうになるというウワサです!
フランス産エシレバター使用の高級食パンは衝撃的な美味しさ!

ブレドール

お店を一躍有名にした「発酵バター入り食パン」600円。フランス・エシレ村名産の、クリームを乳酸発酵させたエシレバターを贅沢に使用しています。

ブレドール

色鮮やかな鎌倉野菜をトッピングした「鎌倉野菜のゴロゴロカレーパン」280円。定番のカレーパンよりちょっぴり甘めな本格派です。
ブレドール
TEL/0468-75-4548
住所/神奈川県三浦郡葉山町一色657-1
営業時間/7:30~18:00、土日は7:00~18:00
定休日/火
アクセス/JR・京急逗子駅より車16分
「ブレドール」の詳細はこちら
満寿屋商店 東京本店
満寿屋商店 東京本店昨年リニューアルオープンした東京本店。本場十勝と同じ味を東京でも味わえるようになったと喜ぶファンも多数
1950年に帯広で創業し、十勝地方で広く展開してきたファーマーズベーカリー。伝統を守りつつ、小麦粉、水、卵、砂糖、牛乳、イーストなど厳選された十勝産食材を使った美味しいパン作りを追究しています。

片山さんが「悶絶するほどの美味しさ!」と表現するのは、お店の一番人気商品「とろーりチーズパン」。
十勝の温泉水「モール温泉水」で洗ったモールウォッシュラクレット、モッツァレラ、クリームチーズ、パルメザン、カマンベールの北海道産チーズ5種を載せて焼き上げた、チーズ好きな人にはたまらない一品。これに十勝産ジャガイモをトッピングした進化版「焼きジャガ マチルダのとろーりチーズパン」をはじめ、店内には気になるパンがどっさりです。
選りすぐりの十勝食材を使って焼き上げられる大自然の恵みパン。

満寿屋商店 東京本店

看板商品のチーズパンをさらに進化させた「焼きジャガ マチルダのとろーりチーズパン」490円。十勝産ジャガイモ「マチルダ」がほくほく!

満寿屋商店 東京本店

北海道の酪農メーカー、よつ葉乳業のクリームチーズとバターを使った「ミルクフランス」200円。ソフトフランスにサンドされた濃厚なミルククリームが甘いもの好きを魅了。
満寿屋商店 東京本店
TEL/03-6421-2604
住所/東京都目黒区八雲1-12-8 鶴田ビル1階
営業時間/9:00~19:00
定休日/水
アクセス/東急東横線都立大学駅より徒歩5分
「満寿屋商店 東京本店」の詳細はこちら
シニフィアン シニフィエ
シニフィアン シニフィエ長時間発酵で素材の風味をじっくりと引き出したシニフィアン シニフィエのパン。発酵の際に生じた様々な香りが含まれるガス(気泡)も積極的に残してパンの味わいにつなげている
こちらのお店、「パンのフェス」では限定パンのみの出品となりますが、それも開催前までの完全予約制で、もはや売り切れは必至。なんたって、パン業界のレジェンドと呼ばれる志賀勝栄氏のお店です。高加水・低温長時間発酵のパイオニアとして多大な影響力を持つカリスマシェフの限定パンと聞けば、争奪戦になるのも仕方ありません!

気になる人はぜひお店をチェックしてください。フェス限定のパンは買えませんが、お店を一躍有名にした長時間発酵バゲットをはじめ、「パン ド ミ」、「パン オ ヴァン」など様々な名作に出会えます。「丁寧にじっくり作られた、素材の旨味が生きたパンばかり。一つ一つゆっくり堪能しながら頂きたくなります」と片山さん。世田谷本店以外に日本橋タカシマヤ店、オンラインショップなどもあります。
パン業界のカリスマが生み出す長時間熟成バゲットを求めて。

シニフィアン シニフィエ

「パンのフェス」限定パン「Avec du vin ~L’automne」3500円。フランス産の有機小麦を使い、4種類の酵母、ヨーグルトや蜂蜜をいれてしっとりと焼き上げた傑作。オリーブやクルミ、レーズンやクランベリーで風味豊かに。

シニフィアン シニフィエ

4種類の小麦をブレンドし、約11℃で40時間発酵させた「40時間発酵バゲット」540円、「バゲットジャポネーズ」388円などの名物バゲットが店内を彩ります。
シニフィアン シニフィエ
TEL/03-3422-0030
住所/東京都世田谷区下馬2-43-11 1階
営業時間/11:00~18:00
定休日/不定
アクセス/東急田園都市線池尻大橋駅または三軒茶屋駅より徒歩15分
「シニフィアン シニフィエ」の詳細はこちら
「パンのフェス」出店パン屋さん一覧 (2018年8月4日時点)
写真は2018春の様子 『パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ』(c)パンのフェス写真は2018春の様子 『パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ』(c)パンのフェス
<神奈川>
カノムパン / Kalaheo bakery / HEART BREAD ANTIQUE 菊名駅東口店 / ブレドール葉山 / YOKOHAMA Bakery Chaleur / Aruch ※17日のみ / GU-GU-BAKERY ※17日のみ

<東京>
麻布十番モンタボー / AFFIDAMENTO BAGEL / アンテンドゥ アトレ吉祥寺店 / お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ / カフェ・プラネット・ショコラ / ブーランジェリー ア ラ ドゥマンド / 代官山 シェ・リュイ / デメララ ベーカリー / 東京べーぐる べーぐり / トライベッカ・ベーカリー / 八芳園 BLUE TREE / パンの木 / 満寿屋商店 東京本店 / MIYABI / ル ビアン 池袋西武店 / ブーランジェリーアツシ ※15日・17日のみ / タテル ヨシノ プリュス ※16日・17日のみ / 浅草よろず茶屋444 ※15日のみ

<その他のエリア>
ワッフルハウス カリヨン (埼玉)/ Les Freres(千葉)※16日のみ / 金谷ホテルベーカリー(栃木) / ベーカリー ペニーレイン(栃木)/ コーナーポケット(山梨)/ 伊豆高原フロマージュパン専門店 Marble coco.(静岡)/ グルッペ(静岡)/ トラットリア・フォルツア(長野)/ スコーンとティータイム famfam(岐阜)/ ドミニクドゥーセの店(三重)/ ANDE(京都)/ 梅鶯堂(京都・嵯峨野) / 祇園喫茶Rinken(京都)/ おへそカフェ&ベーカリー(広島)/ 菱田ベーカリー(高知)/ coco bagel(沖縄)※15日・16日のみ / ブーランジェリーラフィ(北海道) ※17日のみ
まとめ

以上、パンマニア片山智香子さんセレクトによる「パンのフェス」注目の10店をご紹介しました。気になるお店は見つかったでしょうか?でもこれらはほんの一部!イベント当日は、未知なるお店との出会いがたくさん待っていますよ♪
毎回大人気の「パンのフェス」。混雑必至ですが、事前にお目当てのお店を探して、当日ゲットできるようにしておくのがおすすめです。イベント後はぜひお店の方へも足を運んでみてくださいね。
パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ
開催期間/2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
開催時間/9月15日(土) 11:00 ~ 19:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
9月16日(日) 11:00 ~ 19:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
9月17日(月・祝) 11:00 ~ 17:00、パン屋さんエリア 11:00 ~ 17:00
開催場所/ 横浜赤レンガ倉庫イベント広場
入場料/イベントエリア 無料
パン屋さんエリアの先行入場 11:00 ~ 13:30 500円
パン屋さんエリアの一般入場 14:00 ~ 17:00 無料
アクセス/JR「桜木町」駅より徒歩10分
「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」の詳細はこちら

情報提供元/ぴあ株式会社

※この記事は2018年8月時点での情報です

あなたにおすすめ