口は災いのもと!? 悪口・ウワサ話が発端で犬猿の仲になった芸人たち

日刊サイゾー


 芸人の世界には、過去の因縁が原因で共演NGをささやかれる者たちがいる。

まずは、とろサーモンの久保田和靖とウーマンラッシュアワーの村本大輔。この2人はNSCの同期だが、犬猿の仲であるという。久保田は2月22日放送のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)にゲスト出演した際、村本に対して強い不快感を表明。久保田によると、村本は過去にバラエティ番組で久保田に黒い交友関係があるという大うそを吹聴。その発言はカットされたというが、業界にウワサが回り、後日その話をスタッフから伝え聞いた久保田が驚愕、激怒。久保田はラジオで村本に対し「ゼロから話を作りやがって」と本気で怒っている様子を見せている。

村本は口が災いし、同じく同期である平成ノブシコブシの吉村崇をも怒らせている。3月18日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、吉村は村本に対する不満を包み隠さず暴露しているが、それによると、村本は昔から番組収録の際、吉村がバラしてほしくないようなこと(収入や女性関係など)をバラすくせに、自分のことについてはNGだと要請してくるところがあるという。そういったことが積み重なったせいでキレた吉村が収録後の楽屋で村本の首根っこをつかむといった乱暴をふるった出来事があったといい、それを聞いた明石家さんまが呆れて「村本あかんぞ」と苦言を呈している。

「村本さんに関しては、南キャンの山里さんや品川庄司の品川祐さんとの不仲が有名ですが、きっかけはすべて村本さんの“かみつき”から始まっています。敵を作っていくスタイルを通していますが、テレビ出演が激減しているのがつらいですよね」(放送作家)

また、さまぁ~ずの大竹一樹は、キングコングの西野亮廣を共演NGにしているという。理由は、大好きな先輩であるウッチャンナンチャンの内村光良をバカにするような発言をされたからという。

「西野さんが『内村プロデュース』(テレビ朝日系)に出演した際、内村さんが自身にネタを振ったことに際して、番組終了後に自分はツッコミなのにおかしいと文句を言ったそうなんです。そして、このことを聞いた大竹さんが激怒し、キングコングとの共演を一切NGにしたとか。大竹さんや三村さんはお笑いの中でも義理堅く、体育会系なところがありますし、何より内村さんのことを尊敬していますからね」(テレビ局勤務)

そして、有吉弘行とガレッジセールのゴリにも共演NG説がある。これは、過去に有吉が自身のラジオにて、有吉のほうが芸歴が長いため、ゴリが「有吉さん」と呼んでいたものの、有吉の仕事がなくなってゴリがブレイクすると、急に「有吉」と言われたと暴露したところから生まれた話だという。これについて、業界関係者はこう推測する。

「ゴリさんは後輩であるスリムクラブの真栄田賢さんにも『大嫌い』と言われていますし、極楽とんぼの加藤浩次さんとの不仲がささやかれるなど、芸人界ではかなり敵が多いことで有名。有吉さんのこの発言を聞いて、わざわざ共演させようとするテレビ局関係者もいないでしょうし、最近テレビで見ないのも自業自得と言えますね」(芸能事務所勤務)

あまりに不仲の芸人を増やすと、自分の首を絞めることになるのかも……。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ