松尾スズキ+大人計画30周年記念イベント『30祭(SANJUSSAI)』に宮藤官九郎、阿部サダヲら大人計画メンバーの登場が決定! チケット情報も解禁

SPICE


2018年12月18日(火)~30日(日)スパイラルにて開催される、松尾スズキ+大人計画30周年記念イベント『30祭』の各イベントの出演者及びチケット情報が解禁となった。

大人計画は1988年に松尾スズキ作、演出の舞台『絶妙な関係』で旗揚げし、その後、宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、荒川良々など、多くの才能を輩出してきた。今年2018年は、松尾スズキが「松尾スズキ」の名で活動を開始してからちょうど30年、すなわち大人計画が旗揚げして30周年を迎えた。そしてゆとり世代、さとり世代を輩出した「平成」も30年。この30が揃った本年に、『30祭(SANJUSSAI)』と題し、30周年を記念した一大イベントを12月に開催する。


本イベントの「大人計画大博覧会」では大人計画の演劇活動30年分の舞台写真や稽古風景写真、衣裳、小道具の展示や、今まで松尾が発表してきた様々なイラストの原画を展示。松尾スズキが原画展を開催するのは今回が初めてとなる。
また、「名作上映会と愉快なトーク」では『生きてるし死んでるし(97年)』 『愛の罰(94年初演)』 『サッちゃんの明日(09年)』『ファンキー!(96年)』 『春子ブックセンター(02年)』と各回異なった過去作品を上演。いまではなかなか見ることができない貴重映像だ。そして、阿部サダヲ、皆川猿時、荒川良々など各作品ごとに出演メンバーがトークショーを行う。

一方、「宮藤官九郎と伊勢志摩の感動ドキュメント“伝説の先輩を訪ねて”」では、宮藤官九郎、伊勢志摩が登壇し、退団したメンバーとの再会映像を見ながらゆるやかなトークを繰り広げる。そして、「松尾スズキ30周年記念ファミリーコンサート “なんとかここまで起訴されず”」では、松尾スズキとそのファミリーがとっておきの歌とダンスを生バンドで披露。豪華シークレットファミリーにも期待したい。

イベントラストを飾るのは、「エンディングセレモニー“また逢う日まで、生きてたら”」。松尾スズキ、宮藤官九郎による、彼らにしか話せない思い出話を語り尽くすトークイベントだ。30年前、世界の片隅で集まった何者でもない無鉄砲なメンバーが、そこそこの常識を身につけた中年になるまでの成長の軌跡を観ることができる。劇団員の年齢と体力に応じた祭を楽しもう。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ