女優・のん4年ぶりの実写作品主演は「今まで演じた役の中で一番クズ」!? ネット配信ドラマでの活躍に期待の声

日刊サイゾー

2018/8/24 01:00


 9月8日に配信がスタートするLINEドラマ『ミライさん』に、女優・のんが主演していることが分かった。実写作品で主演を飾るのは4年ぶりで、ファンからは「この日を待ってたよ!」「やっぱりのんちゃんには“主演”の文字が似合うね」と喜びの声が巻き起こった。

同ドラマは「LINE NEWS Experimental Project」の第1弾で、LINE NEWS初のオリジナル連続ドラマ。移動中などに見られるようスマートフォン上での視聴に最適化され、短篇をシリーズ化した構成となっている。のんが実写作品に主演するのは、2014年12月公開の映画『海月姫』以来。

のんの主演発表に、ネット上では「4年ぶりの実写主演か。ここまでほんと長かったな…」「もうのんちゃんの主演作は見れないのかなって思ってたから嬉しすぎる!」「のんを主演に起用した偉い人に心から拍手を送りたい」「ハツラツとしたのんちゃんの演技を見られるのが今から楽しみ!」といった反応が続出している。

「のん演じるミライさんは自称革命家のニートで、『人間が働かなくてもいい未来』のためにあえて働かないというキャラクター。今よりほんの少し先の未来を舞台に、ミライさんが兄・トモロウ(本郷奏多)の開発品を悪用して巻き起こすドタバタ騒動が描かれます。のんは完成発表会見で、ミライさんについて“今まで演じた役の中で一番クズ”と解説。『このコをどうやったら面白くなるんだろうって、考えるのがすごく楽しかったです』と役作りを楽しんだようでした」(芸能ライター)

現在のんは“女優”と“創作あーちすと”として活動。今年は展覧会「“のん”ひとり展 -女の子は牙をむく-」を開催し、12月には大ヒットアニメ映画の長尺版『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開される。

「のんの人気は依然として高く、ファンからはさらなる活躍を期待する声が多く見られます。近年はネット配信ドラマも話題性が高く、玉山鉄二&佐々木希共演でセックス依存症を描いた『雨が降ると君は優しい』(Hulu)などが人気に。ネット配信は地上波ほどの規制や“しがらみ”がないため、のんがこのままネット番組に活路を見出す可能性は十分にあります」(同)

女優・のんが今後どのような活躍を見せてくれるのか、『ミライさん』の評価にかかっているかもしれない。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ