口論の末に上司にシンナーをかけて着火、逃走した男(南ア)

会社でよくある上司と部下の意見の食い違い。話し合いで済めばいいが、相手が悪いと命の危険にさらされることもある。このほど南アフリカで、口論の末に部下が上司に火を放つという事件が起こった。被害に遭った男性上司は、頭から膝までを火傷する重傷で、事件から2週間後に死亡した。

4月13日、ダーバン郊外のチャッツワース(Chatsworth)という町の事務所で、業務マネージャーのロジャース・ナイドゥさんが、部下にシンナーをかけられた末に火を放たれた。

ロジャースさんはこの日、部下のリカルド・ナイドゥ(44)と口論になった。納得がいかないリカルドは怒りのあまりオフィスを出て行ってしまったが、すぐに戻ってくると大量のシンナーをロジャースさんに浴びせて火をつけ、そのまま逃走した。ロジャースさんは火だるまになりながら外に飛び出し、居合わせた同僚によって助けられた。ロジャースさんはこの時、何度も「妻に電話してくれ」と叫んでいたそうだ。

夫の職場から連絡を受けた妻のシェリルさんは、パニックに陥りながらも搬送されたチャツメド病院(Chatsmed Hospital)に駆けつけた。しかし愛する人のあまりの変わりように「心が完全に打ち砕かれてしまった」と後に振り返っている。ロジャースさんとシェリルさんの間には、24歳になる息子と21歳と18歳の2人の娘がおり、家族は病院でただ途方に暮れるしかなかった。

シェリルさんは当時のことを、次のように述べている。

「子供たちも私もロジャースの姿を見てショックを隠すことができませんでした。彼は頭の先から膝辺りまで酷い火傷で覆われていたのです。こんなことをするなんて…人間のできることではありません。医師からは『身体の70%に火傷を負い非常に危険な状態で、処置の施しようがない』と言われました。」

「それでも夫はICU(集中治療室)で私の手をずっと握りしめ、『自分は大丈夫だから安心して』と家族にポジティブな言葉をかけ続けてくれたのです。彼は私が精神的に弱いことをよく知っていたからでしょう。『すべてはあっという間の出来事だった』とも言っていました。」

しかし事件から3日後に行われた手術の直後、ロジャースさんは意識不明となり、4月27日に帰らぬ人となってしまった。死因は煙を吸い込んだことによる肺虚脱だった。

シェリルさんは「夫の恐ろしい死が目に焼きついて離れません。良き夫であり良き父、そして一家の稼ぎ頭であったロジャースを亡くし、非常に混乱しています」と事件のショックから立ち直れず、毎日泣き暮らしているという。

一方で火を放ったリカルドは、事件後ひたすら逃走を続けていた。一時は隣国ジンバブエにまで足を延ばしたが、南アフリカに再入国しようとしたところを逮捕された。8月19日の『IOL News』では、リカルドがダーバン治安判事裁判所に出頭したこと、殺人罪で裁判が進められることを伝えている。

画像は『IOL News 2018年8月19日付「Heated office argument leads to manager being burnt to death」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ