『ヴェロニカ・マーズ』リバイバル版ついに!Huluで企画が進行中

海外ドラマNAVI

2018/8/23 16:00

2004年から3年に渡り米国で放送され大ヒットした女子高生探偵ヴェロニカの活躍を描いた『ヴェロニカ・マーズ』。TVシリーズ終了後に映画化までされた人気シリーズが復活するかもしれないことは以前お伝えしたが、このたび製作に向けての話し合いが大詰めを迎えていることが明らかになった。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】『ヴェロニカ・マーズ』映画化はファンの寄付金がきっかけ!

今回の復活版は全8話構成。主演のヴェロニカを演じたクリステン・ベルが、同役を再び務める予定で、ほかにもオリジナルシリーズから出演するキャストが複数おり、話し合いがすすめられているようだ。『ヴェロニカ・マーズ』3.0と呼ばれる復活版は、今までと同じくロブ・トーマスが製作総指揮を務めるとのこと。米Huluが契約を結ぶ最終段階まできていると言われているが、現時点ではHuluと製作会社のワーナー・ブラザースからは正式なコメントはまだ発表されていない。

以前から、同作リバイバルの話題が持ち上がるたび、懸案事項となっていたのが主演クリステンのスケジュール確保ができるかどうか。彼女は米NBCのコメディ『グッド・プレイス』や『アナと雪の女王』の続編『Frozen 2(原題)』などへの出演が相次ぎ、多忙を極めており、関係者はいつ実現できるかわからないと語っていた。しかし、今シーズンの『グッド・プレイス』の撮影はすでに終わっており、『ヴェロニカ・マーズ』新シリーズの製作参加にも問題ないと思われる。

映画版が終了してから約4年。根強いファンに後押しされ、再びあのヴェロニカに会える日が近づいているようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ヴェロニカ・マーズ[ザ・ムービー]』
(c) 2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

あなたにおすすめ