AKB48 1位不在の総選挙シングル“未完成”MVが公開

ザテレビジョン

2018/8/23 04:00

9月19日(水)に発売されるAKB48の53rdシングル「センチメンタルトレイン」。センターを務めるSKE48・松井珠理奈が長期休養で不在のままレコーディング・撮影が行われ、そのミュージックビデオが解禁となった。

同楽曲のメンバーは6月16日に開催された「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙」で1~16位にランクインしたメンバーによるもの。だが、地元・名古屋で初の1位を獲得した松井はその直後から体調不良で長期休養中。

MVの監督は高橋栄樹氏が務め、その舞台は付属の女子高を併設した女子大。ごく普通の学園生活の中に現れた不思議な転校生との触れ合いや、遠くにいてもつながり合う心などがセンチメンタルに描かれている。

さらに、ドラマシーンとエンドロールにはメンバーがフィルム付きカメラで撮影したフィルム写真を使用。

また、松井の出演予定部分は絵コンテやCGで表現し、絵コンテは「放浪息子」などの作者である漫画家・志村貴子が担当。松井が13歳のときのシングル「桜の木になろう」MVのワンカットも挿入されている。

※松井復帰後に、追撮・再編集した「センチメンタルトレイン」完全版の制作、ならびにCD購入者がCD封入のシリアルナンバーを使用して視聴できるという対応が予定されている。

■ 「世界選抜総選挙」第2位 SKE48・須田亜香里コメント

今回のMVもドラマ仕立てになっていますが、ダンスシーンの撮影の際は、のちのちCGで珠理奈さんを表現できるように、振り付けの先生に珠理奈さんのポジションに立っていただいたり、撮り方をいろいろと工夫した撮影でした。

このMVを見て、私にはまるで“幻”のように、そこにいないはずの珠理奈さんの姿が見えて…目を疑ってつい巻き戻してしまいました。

このMVを見てくださった方も、(珠理奈さんを感じ取ることができて)びっくりするんじゃないかなと思います。

今回は48グループのMVを数多く手掛けていただいている高橋栄樹さんが監督で、珠理奈さんのことも長年撮ってくださっている方なのですが、撮影の前に「僕なりに一生懸命やらせてもらうので、任せてください」とメンバーみんなを集めて頼もしい声で言ってくださったことが、とても印象に残っています。

特にMVの中盤以降、今まで何度も珠理奈さんを撮影されてきた監督だからこその瞬間をビビッと感じることがありました。珠理奈さんに“会いたくなる”MVだと思います。

現実の私たちとリンクする部分がドラマシーンにはあって、珠理奈さんの問いかけに対しては、ドラマのワンシーンとはいえ、全てアドリブで、現実の私と珠理奈さんとの関係性のまま答えています。全く台本のない撮影だったので、リアルな私たちを感じていただけると思います。

珠理奈さんのファンの方は、もしかすると少し寂しい気持ちになるのかもしれないですが、珠理奈さんがそこに確かに“存在する”MVになっていますので、より多くの方に見ていただきたいです。「完全版はどうなるんだろう?」ということも含めて、1本で二度楽しんでいただける作品になっていると思います。

■ 「センチメンタルトレイン」MV 高橋栄樹監督コメント

前代未聞でした。それなりに長い監督生活の中でも、今回の“未完成”MVのような作品は一度も作ったことがありませんでした。

松井珠理奈さんが休養されるので、MVにご出演できない(=絵コンテになる)と初めてお聞きしたときに、無謀ですが直感的に、「それならばあえてドラマMVにして、松井さんを主人公に作るべきだ」と思いました。果たしてそれがうまくいったかどうかは、本編をご覧いただき、お確かめくださるとうれしく思います。

選抜総選挙を戦ったメンバー、そして投票していただいた皆さんが「参加して良かった」と思える作品を心がけました。

このMVは“未完成”と銘打たれるかもしれませんが、僕は、個人的にはこれは一つの完成形だと思っています。

ご多忙の中、絵コンテをお描きいただいた漫画家の志村貴子先生に、心より御礼申しあげます。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/159429/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ