野人・岡野の高校時代がドラマに、まるで“リアル「ROOKIES」”

ザテレビジョン

2018/8/21 00:45

“野人”の愛称で知られる元サッカー日本代表・岡野雅行の高校時代が、ドラマ化されることが決定した。

これは若林正恭、弘中綾香アナが司会を務めるバラエティー「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)の関連企画として行われるもので、8月20日の放送で発表された。

珍しい経験をした“激レアさん”を紹介する同番組では、昨年12月に岡野の“漫画のような高校時代”のエピソードを紹介。

岡野は「サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにする、という『ROOKIES(ルーキーズ)』ばりの体験をしたのに、その話をあまりしていない」激レアさんとして登場し、スタジオで壮絶かつ感動のエピソードを語っていた。

■ 野人・岡野の高校時代は“サッカー版リアル「ROOKIES」”!?

岡野が入学した学校は、全国のヤンキーを集めて更生させるような高校だったのだそう。

完備されている寮は年間100人が“脱走”するという、上下関係がとにかく厳しい監獄のような施設。

さらに、あると思っていたサッカー部は実際は存在せず、入学早々、学校内のいたるところで繰り広げられるヤンキーたちのケンカを目の当たりにし、岡野はひたすら絶望感に打ちひしがれていたという。

そこで一念発起した岡野は、サッカー部の設立を決意。1年先輩の“トガノさん”と共に部員を募ると、泣く子も黙るトップクラスのヤンキーたちが集結し、部活動として本格始動していくことになる。

初めての対外試合では「クローズ」ばりの乱闘騒ぎを起こしてしまうが、そこからなんと、岡野率いるサッカー部は大きな変身を遂げ、県内有数の強豪チームへと成長していくのだとか。

全国のトップクラスのヤンキーで構成されたサッカー部がチームとしてまとまっていくストーリーは、さながらサッカー版のリアル「ROOKIES」だ。

■ 現在明かされている情報は一つだけ

番組では、この岡野の壮絶な経験をドラマ化することを発表したが、現在公開された情報は、主人公のキャストは岡野本人ではない、ということのみ。

放送時期を含め、その他の情報はまだ発表されていない。詳細は続報を待とう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/159118/

あなたにおすすめ