『名探偵コナンまつり』で古谷徹が“安室コス” 小山力也とアフレコも

名探偵コナン』の作者・青山剛昌さんの故郷でもある鳥取県の主催イベント『名探偵コナンまつり in まんが王国とっとり2018』が8月18日、鳥取市のとりぎん文化会館で開催された。出演した声優古谷徹がSNSで「おかげさまで大いに盛り上がって無事終了♪」とイベントの様子をツイートしている。

この日は、江戸川コナン役の高山みなみをはじめ毛利小五郎役の小山力也、安室透役の古谷徹といった声優陣に加え諏訪道彦チーフプロデューサーが登場した。

なかでも安室透と言えば、4月13日に公開され今も興行記録を更新中の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』でキーマンとなっただけに、喫茶店のセットで「この方をお呼びしてます」と紹介され「いらっしゃいませ 喫茶ポアロへようこそ」という声が響くと会場が一段と沸いた。

古谷がSNSで「今回は喫茶ポアロバージョンの安室コスにしました♪」と投稿したように、ステージではエプロン姿で安室透に成りきり「僕の恋人は…ここ、鳥取さ…」と観客に熱く囁いて盛り上げる。

また、喫茶アムロで毛利小五郎と安室透がやりとりするアニメを見ながら、小山と古谷がアフレコするミニ企画では「何? 弟子にしてくれだと! この名探偵、毛利小五郎のかよ!?」「ハイ! 先日の毛利さんの名推理に、自分の未熟さを痛感しまして!」「ガハハハ! これから私のことは“先生”と呼びなさい! 安室くん!」と掛け合いで和ませた。

大抽選会では、古谷が抽選箱に手を突っ込んで選ぶ際に「アムロ! 引きまーす!」とアムロ・レイのフレーズで笑わせる大サービスも飛び出した。今回で6回目になる同イベントは他県や国外から訪れる人もいる人気ぶりで、入場したおよそ2000人のファンも大いに楽しめたようだ。

古谷がイベント後に「みんなからの沢山のプレゼントやお手紙も受け取りました! ありがとう」とつぶやいたところ、来場者から「ポアロのエプロン姿での登場とても素敵でした」「コナンもガンダムも大好きな身として、とてもとても貴重な一日になりました!! ありがとうございました!」などの反響が寄せられている。

画像は『古谷 徹 Toru Furuya 2018年8月18日付Twitter「『名探偵コナンまつり in 鳥取 2018』おかげさまで大いに盛り上がって無事終了♪」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ