終わらぬNEWS事件簿……小山「命かけて飲んでる」音声流出、手越「ヘソ&両足タトゥー」?


 CDデビュー15周年のアニバーサリーイヤーにもかかわらず、女性や飲酒絡みのスキャンダルが発覚したNEWSメンバー。6月中に芸能活動を自粛した後、復帰した小山慶一郎や、かねてより“ヤンチャ”な言動が目立つ手越祐也に関して、再び不穏なウワサが出回っているという。

アイドルや歌手といった複数の女性芸能人と交際疑惑が報じられたほか、自らも女性好きを公言している手越。昨年は金塊強奪事件の容疑者との記念写真がネット上に流出するなど、プライベートの交友関係が問題視されている。さらに今春には、レギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でロケに出た際、「両足首にテーピングが巻かれている」と話題に。その少し前には、空港で盗撮された手越の姿が流出し、足首にタトゥーらしき青黒いものが見えていたため、テーピングは「タトゥー隠し」ではないかと疑いが強まった。

「真偽がはっきりしないまま時が過ぎ、今年8月上旬にあるTwitterアカウントが、手越の『左足首、右足首、おへその横』にタトゥーが入っているという情報をツイート。足首に入っているタトゥーの写真を載せた上で、おへそ付近は『赤い唇のキスマーク』だと、具体的なデザインを明かしたんです。これを機に、一部ファンが検証を開始。番組内の着替えシーンで、ズボンと素肌の合間に黒い影が見えると指摘する声が上がりました。8月11~12日開催の15周年記念ライブ『NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”』においても、手越が脱ぐ映像について『へその下のタトゥー見えた』と書き込むファンも。しかし、『見た』と証言するファンは少なく、タトゥーが入っている確実な証拠はありません。完全に“クロ”と判断されたわけではないだけに、今後も彼の体やタトゥー疑惑が注目を集めることでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 小山の飲酒音声が何度目かの流出


 一方で、15周年記念ライブ直前の10日夜頃には、小山とみられる男性の音声がネット上で広まった。小山といえば、5月下旬に「K(音声では個人名)ターゲット、Kターゲット、飲み干せ!」とイッキ飲みを強要するような“パリピ”コールや、「せーの! 小山も~、アソレ! 小山も!」と、自らの名前を出して大騒ぎする音声ファイルが流出。これらの音源を発端に未成年女性の同席が判明し、飲み会を主体的に開いた小山が活動自粛の事態となった。

新たに投下された音声も、小山らしき声や複数の男女の声が入り乱れた賑やかなもので、小山と思しき人物の「超厳しいよ、これはホント」との一言を皮切りに、「ちょっ、ちょっと退場」(男性の声)「もう退場だね、早く。マジ返せ」(小山と思しき人物)といったやりとりや、「ホント、ホントやめて」(男性の声)「あ、大丈夫、大丈夫」(女性の声)「一枚の写真で3人?」(男性の声)などの言葉が飛び交う。最後に「そうだよ。俺は命かけて飲んでるんだよ、な?」(小山と思しき人物)と周囲に同意を求めると、女性の笑い声が響いていた。

音声を録音した時期や状況は不明ながら、話の内容からしても、飲酒の最中とみられる。声の主が小山だと断定したジャニーズファンは「『命かけて飲んでる』ってアルコール依存症? 大丈夫?」「『命かけて飲んでる』って何? 小山、本当に不快だから早くジャニーズ退所してほしい」「小山は最悪、命を失っても酒をやめないってこと? 仕事もそれくらい真剣にやれ、クソが!」「仕事よりお酒なのね。しかも、記念ライブ前日に音声流されるとはみっともない」と、やはりジャニーズアイドルらしからぬ言動や、脇の甘さを批判するコメントが相次いだ。

こうして、すっかりアンチが急増してしまった小山だが、先日は15周年コンサートを終えた直後に豪雨災害に見舞われた広島県・坂町を訪れ、ボランティア活動に参加したという話が浮上。14日の午前10時頃、「広島のボランティアに参加中、NEWS の一般に混ざって小山さんもいらっしゃってました!」とロックバンド「OTO addict」がTwitterに書き込み、NEWSファンの間で拡散された。ファンが「素敵な情報をありがとうございます」とお礼のメッセージを送ると、小山について「目立とうとしてない姿がまたいいですね!」と、絶賛。小山は「完全プライベートで来てるし、一般に混ざってボランティアしていました。決して目立とうとしてませんでした」と明かしていた。

ほかにも、小山と一緒にボランティアに取り組んだ2名のネットユーザーが、Twitterやブログに小山の写真を掲載し、麦わら帽子、タンクトップ姿の小山がシャベルを持っている1コマや、ボランティア参加者との記念写真をいくつか掲載した。ジャニーズ事務所は肖像権に厳しいだけに、一部ファンが削除を願い出るも、投稿主の女性はTwitterで「小山さん本人から許可得てます」「ボランティア活動の活性化のために使ってくださいと許可頂きました」と、主張。別の男性も小山は「個人でコッソリ参加してらっしゃいました」などと裏話を書いていたが、この2人は16日までに小山に関する一連の書き込みと写真を全て削除。いずれも、ボランティアに携わる小山の姿勢を称賛する内容を発信していた分、突然の削除は不可解だと、謎を呼んでいる。

「小山をべた褒めして、積極的に情報や写真を流していた男女が、一転して記述を取り消したんですから、不審に思うファンがいて当然でしょう。さらに、彼らは小山が『個人で参加』していたと、単身で広島にやって来たように書いていたんですが、ここにもある疑いが持ち上がっています。ボランティア参加者との集合写真に、小山の“飲み仲間”である弁護士が写っていると、ファンが気づいたのです。その“仲間”は、小山と似たような麦わら帽子を被り、色違いのReebokのカバンを持っているのが確認でき、この人物は、以前流出した小山のプライベート画像にも写っていた男性と目されています」(前出・ジャニーズに詳しい記者)

こうした展開を迎えると、ファンからは「小山の写真が一斉に消えるなんて闇が深すぎる」「知り合いに拡散を頼んだけど、やりすぎちゃったから急きょ削除を指示したのかな?」「集合写真にお仲間の弁護士がいて、ボランティアに関するツイートが全て削除されて、なんだか胡散臭さいし拡散も計画的だったのかとがっかり」「せっかくボランティアで慶ちゃんを見直したのに、飲み友の弁護士さんと一緒だった……これじゃ良いことしてるのに悪印象」と、失望する声が上がることに。

せっかくの良い行いが、周辺の不穏な動きによって裏目に出た小山。彼が広島へ足を運び、汗を流して作業をした行為だけは信じたいものだが……。

あなたにおすすめ