野沢雅子、自宅全焼も仕事優先!「これは公のもんだから」

8月17日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、「これまでに演じたキャラクターは300以上」という声優界のレジェンド・野沢雅子が登場。

自宅が全焼しても現場へ急いだ「仕事の鬼伝説」や、若々しい声を保つためのちょっと意外な健康法を披露した。

張りのある声を保つ秘密は朝ご飯とお餅?


坂上忍が「家が火事で全焼しても仕事休まなかったって本当ですか?」と聞くと野沢は「そうです」と即答。「もらい火だったんですよ。そしたら警察が入っていろいろ聞かれるわけですよ。(警察に)すみませんこれ以上ダメです。もう仕事がありますからって言って(現場に)行ったら10分遅れちゃったんです」と話す。

さらに野沢は「本番が終わった時に、今日は本当にすみませんでした。実は昨日ウチ火事にあいまして丸焼けなんですよ、って言ったら『そういう冗談言うんじゃないよ』(と言われた)。みんなが『今日なんか来なくていいんだよ』って言うから、そうはいかないでしょ、これは公のもんだから(と答えた)」と振り返った。

次に浜田雅功が「(喉の)ケアとかしてるんですか?」と尋ねると「全然したことないんですよ」と野沢。「おたばこは?」と聞く松本に野沢は「吸いません。おいしいと思ったことないし」と答え、松本が「風邪ひくことってあるじゃないですか。絶対喉にくる」というと野沢は「もう20年以上ひいたことないと思う」と話す。

坂上が「健康に気を遣っていることとかないんですか?」と質問すると野沢は「ダイエットみたいなものはすまいと思ってる。それだけです、気を遣ってるのは」と答え「良くないでしょダイエットは」とキッパリ。

さらに野沢は「そいで朝ご飯食べて来ない人は声に力ないですよね」と続け、松本は「校長先生がよく言ってました」と同調した。

坂上が「決まった物を食べ続けてるって聞いた」というと「お餅1個必ず食べる。大好きなの」と野沢。「どっちか言うたらあんまり喉(に良くないのでは?)。お餅で亡くなる方おられる」という松本に野沢は「引っ掛かったって思ったことないですよ」と反論していた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ