“ほん怖”貞子風の霊に反響「足速いw」「怖い!」

8月18日放送のドラマ「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018」(フジテレビ系)に登場した、“手をだらりと下げたままスタスタと追いかけてくる霊”が話題を呼んでいる。

この霊が登場したのは「迷い道に憑く女」というエピソード。田舎の高校に転校してきた初美(平祐奈)は、田舎になじめず、道一つ違うと途端にさみしくなる景色に薄気味悪さを感じていた。

いつもなら少し遠回りしても明るい道を通っていたが、この日は近道をしてみようと入った道で、白のワンピースに長い前髪で顔を覆い隠した女性らしき霊に遭遇。手をだらりと下げた霊に追いかけられてしまう。最後に霊と対面したところで話は終わったが、この霊の追いかけ方がネットで話題を呼ぶことに。

まず、霊の姿が映画「リング」シリーズに出てくる“貞子”に似ていたため、登場するや「貞子の亜種!?」「怨霊界であのファッション流行ってるの?」「貞子リスペクトおばけ」といった反応が続々。

そして、この霊が腕を振ることなく意外な速さで追いかけてくるため、「貞子足はやいw」「あんな足速い貞子笑えるw」「追いかけくーるー、きっとくるー」「足の速い貞子ヤダ!ムーリー!怖い」と盛り上がっていた。

あなたにおすすめ