有吉、『ヒルナンデス!』初ロケは20年来の恩人・南原清隆と2人旅 「今日までありがとうございました」

しらべぇ

2018/8/18 14:00


(画像は有吉弘行公式Twitterのスクリーンショット)

2011年にスタート、8年目を迎えた日本テレビ・昼の帯番組『ヒルナンデス!』でスタート当初からレギュラーを務めてきた有吉弘行(53)が番組内ロケ企画に初参加。

20年来の恩人でもある番組メインMC・南原清隆(44)と東京都内を2人旅し、南原との思い出や感謝を赤裸々に吐露、大きな反響が起きている。

■有吉、南原の2人旅


熱い抱擁から始まった2人旅。ロケ初参加に有吉は「(ロケに出れなくて)悔しかった。あんな連中(ほかレギュラー陣)にロケ任せておけない」とロケへの意気込みを語る。

プライベートでの交流はないものの、有吉は南原を「尊敬している大先輩」、南原は有吉を「東洋一のMC」とお互いに絶賛。2人とも鮮明に覚えているという「出会い」に話は遡る。

22年前、猿岩石として『進め! 電波少年』内の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」を終えた有吉に、日本テレビのレストラン前で対面した南原が「おかえり」と声を掛けたのが2人の出会い。

「当時、爆発的な人気で社会現象にまでなった」と南原から評された有吉は、「乃木坂46みたいだった」と自画自賛。それ以降、南原司会の『リングの魂』に呼ばれるなどし、「いつも苦しい時期はウッチャンナンチャンにお世話になった」と振り返った。

■2人はロケを満喫


金曜レギュラー陣からおススメのロケ先を紹介されつつ進行。原宿ファッションや人気グルメ、一軒家を改造した脱出ゲーム『畏怖 咽び家』での恐怖体験を乗り越えるなど2人はロケを満喫し、最後はバーベキューでカレー作りに挑戦する。

終始、互いの長所を褒め合い、仲の良い雰囲気を漂わせてきた2人だが、ロケ終盤に有吉が真剣な表情で南原への想いを明かす。

■南原への感謝


「20代の頃、南原さんに言われてずっと心に留めていることがある」という有吉。それは「仕事に行く時に10個やることを考えておいて10個全部やれたら100点」という仕事への向き合い方。有吉は「今でもそういう心構えでやってます」と語る。

さらに有吉は「今日は9個まで出来た。1個だけできてない」と前置きし「南原さんに『ありがとう』って言う」10個目を実行。

「今日まで本当にありがとうございました」と神妙に頭を下げたため、南原は「辞めんの?」と思わずツッコむ流れに。有吉は「これからもよろしくお願いします」と笑顔でロケを終えた。

■視聴者も満喫


南原は「売れっ子になっても何一つ変わってない」と有吉を称賛し、昔と変わらぬ関係性を覗かせた今回のロケ。視聴者も2人の姿を楽しんだようだ。






■パワハラの声も


しかし一部からは批判的な意見も見受けられた。

滝菜月アナが進行を担当していたものの、有吉と南原、ベテラン芸人2人は進行を無視し自由にロケを堪能。

また、2017年10月から番組に参加した滝アナに対して「まだ部外者」と感じている有吉からは、かなり厳しい発言や注意する姿も目立ったため「パワハラ」だと感じた視聴者もいたようで、賛否の声があがっている。








■32.2%に「尊敬できる上司がいる」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体の32.2%が「尊敬できる上司がいる・いた」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ウンナンもその人柄から、多くの若手から支持・尊敬されている。ヒッチハイク後、有吉が仕事を失った時期を支えたのも有名な話だ。

今や超売れっ子芸人となった有吉が、今でも『ヒルナンデス!』に出演し続ける理由は「南原の存在が大きい」と改めて認識できた放送となった。

・合わせて読みたい→藤田ニコル、初体験を赤裸々告白 「翌日、お母さんが赤飯を炊いてくれた」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

あなたにおすすめ