「おっす!オラ悟空!」は 野沢雅子のアドリブだった

ザテレビジョン

2018/8/18 09:25

8月17日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、声優の野沢雅子がゲストに登場、人気アニメの裏側を明かした。

大人気アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空役でおなじみの野沢は、放送開始から32年、悟空を演じ続けてきたとして、昨年ギネス世界記録に認定され、海外での人気も絶大。

ほかにも「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎、「銀河鉄道999」の星野鉄郎など、演じたキャラクターは300以上にも上るという声優界のレジェンドだ。

40年来の仕事仲間であるピッコロ役の古川登志夫によると「“悟空語”というのがあるんですけれども、例えば『戦ってみるか』というのを『戦けってみるか』って言うんですね。

するとディレクターが『それは“戦ってみるか”の方がよろしいんじゃないでしょうか』と言うんですけど、野沢さんは『そう? 悟空じゃなくなっちゃうけど』と言うと『じゃあ、そのままで結構です』となった。

野沢さんが発明された悟空語があるんですね」と、悟空語は野沢のアドリブなのだそうだ。

また、「(野沢が演じている)悟空、悟飯、悟天の3役が会話している時に、通常だと1役ずつ録って何回も回して撮り直すんですけど、そのままずっと切り替えて30分のアニメの中で15分一気に回す。それをできる人は他にいない」と、3役同時に演じられると証言した。

「『おっす! オラ悟空!』っていうのもアドリブなんですか?」と坂上忍が尋ねると、「マイクの前に立ってて『おっす! オラ悟空!』って言ったんですよ。

後ろでスタッフが『面白いですね』って言ってそれが使われるようになったら、これは東映で作った言葉だってなっちゃったんですよ」と裏話を明かしていた。

そんな一言に松本人志は「これは法廷で戦ってもらって」とアドバイスすると、浜田雅功から「いらんこと言わんでええねん」とツッコまれた。

次回の「ダウンタウンなう」は、8月24日(金)夜9時55分より放送。ゲストにつるの剛士、伊東四朗&孝明親子、最上もがが出演予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158835/

あなたにおすすめ