AKB48チーム8、高校生とよさこい合同演舞!「とてもいい思い出になりました」

ザテレビジョン

2018/8/17 12:00

8月24日(金)夜10時から放送の「AKB48 チーム8のあんた、ロケロケ!~埼玉編」(CSテレ朝チャンネル1)で、チーム8の高橋彩音、坂口渚沙、倉野尾成美、宮里莉羅が“よさこい演舞”対決を行った。

チーム8のメンバーが、自分の出身県の魅力を「ご当地MC」として紹介する本番組。

今回は、“旅のお供ゲスト”として、しずる・村上純も登場し、関東有数の「よさこい祭り」の名所である埼玉・坂戸市からロケをスタート。

一行は、埼玉県内で唯一「よさこい部」がある山村国際高等学校へ。

そこで、メンバーは埼玉県代表の高橋と北海道代表の坂口が「よさこいイースト」、熊本県代表の倉野尾と沖縄県代表の宮里の「よさこいウエスト」の東西2チームに分かれ、「よさこい演舞対決」することに。

各チームの楽曲は、チーム8の楽曲の中から選曲され、イーストチームが「星空を君に」、ウエストチームは「思春期のアドレナリン」に。

山村国際高等学校の部員たちによる「よさこいver.」の振り付けを、メンバーはわずか1時間強というタイトな時間の中で覚え、さらに合同練習をこなし、演舞パフォーマンスを披露。果たしてどちらのチームが勝利するのか!?

ロケ後、宮里は「コンサートとかで埼玉に来たことはあったけど、今回は自然といっぱい触れ合えて、気持ち良かったし、同世代の高校生たちと『よさこい』を一緒に踊れて、とてもいい思い出になりました」と話し、倉野尾も「『よさこい』がとっても楽しかったです! なんか一緒にいた時間は短かったけど、“部活”をやってた気分でした。

私は部活に入ったことがないので、学生と一緒に何かを作り上げてる気持ちが新鮮で、充実感がありました」と満足げな笑顔でコメントした。

※高橋彩音の高は、正しくはハシゴダカ(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158758/

あなたにおすすめ