今夜の『探偵が早すぎる』、一華への次なる刺客は幼い子ども!?

クランクイン!

2018/8/16 17:00

 滝藤賢一と広瀬アリスがダブル主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第5話が今夜放送。第5話では一華(広瀬)の命を狙うべく、幼い子供が刺客として送り込まれる。

【写真】佐藤寛太、桐山漣ら『探偵が早すぎる』第5話場面写真ギャラリー<7枚>

大陀羅朱鳥(片平なぎさ)の息子・壬流古(桐山漣)が、トンネルで出会ったのは、養護施設を抜け出してきた兄弟・透と乃亜だった。不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と子どもたちに声をかける壬流古。

一方、未夏(南乃彩希)と律音(水島麻理奈)から、夏祭りに一緒に行けなくなったと言われる一華。大好きな城之内(佐藤寛太)と二人きりとなることに「ムリ!」と動揺する一華に対し、千曲川は一緒に行動しようかと持ち掛けてくる。それも嫌がる一華だが、夏祭りは命を狙うには絶好の機会だと聞かされ、5メートル以内には近寄らないという約束で手を打つことになった。

夏祭り当日、それぞれが祭りを楽しむ中、壬流古は子どもたちにゲームの説明をしていた。「この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って、透にナイフを手渡す。

壬流古と麻百合(結城モエ)は、一華と刺客である子どもたちを監視する。その頃、バイト先からの電話で、急きょ呼び出されてしまった城之内。城之内と別れ、一人きりになった一華を確認すると、壬流古はついに子供たちに指示を出す…。

ドラマ『探偵が早すぎる』第5話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜8月16日23時59分放送。

あなたにおすすめ