“ファッションリーダー”藤井フミヤが突っ込まれた「痛恨の2カ所」

アサジョ

2018/8/16 10:15


 今年でデビュー35周年を迎える藤井フミヤが8月13日放送の情報番組「ビビット」(TBS系)に出演、その際に披露したオリジナルカレーが「美味しそう」と話題になっている。

「家でも週に3回は料理を作るというフミヤは、自宅から持参したスパイスや食材が入った大きなクーラーボックスを抱えてキッチンスタジオに。フミヤ曰く『自宅から持ってくるのが一番早い。テレビ局が買うとムダなものいっぱい買っちゃうから』と話していました(笑)」(番組関係者)

食材を取り出した藤井は、これまた家から持参したフードプロセッサーでスパイスを調合し、慣れた手つきで食材を切っていく。高校生の時に、仕出しのバイトをしていた経験があり「バイトしてから学校に行ってたの、毎日」「1日何百個(仕出し料理)作るんだよ」と話すだけあって、手つきは慣れたもの。こうしてフミヤオリジナル「牛肉と茄子とシメジのカレー」が完成。「ビビット」の収録を終えた国分を呼び出し2人で実食したのだが、口に入れるなり国分は「ウマっ!」と感激。「ルーを使ってないから、スパイシーさがすごい出てますね」と感想を述べていた。

視聴者からも〈藤井フミヤがスパイスから作るカレー、めっちゃ美味しそう!!〉〈フミヤさん特製のカレー食べてみたい〉とのコメントがツイッターに殺到。しかしその一方で、〈カレーはとても美味しそうなのですが、う~ん…髪型なんとかならない?〉〈やっぱりあの仲本工事メガネ〉など、太すぎるメガネとボサボサのヘアスタイルに突っ込みが入っている。

「チェッカーズ時代やソロになった頃はファッションリーダー的存在だったフミヤですが、今も独特のセンスを持ち主。髪型もボサボサと言うよりもナチュラルな感じを演出しているのですが、見ようによっては日曜日のお父さんですね」(ファッション誌ライター)

藤井は、デビュー35周年を記念したツアー「FUMIYA FUJII ANNIVERSARY TOUR 2018 35Years of LOVE」を9月からスタート。往年の名曲はもちろん、進化する彼のファッションセンスもチェックしたいところだ。

(窪田史朗)

あなたにおすすめ