これは酷い!「NEWS」の記念ライブが“地獄絵図”!地元民も呆れるゴミの山、Tシャツぶっかけ、トラブル続出!

TOCANA

2018/8/14 08:00


 ジャニーズの人気グループ「NEWS」結成15周年記念ライブ「Strawberry」が8月11、12日、東京都調布市の味の素スタジアムで開催された。

NEWSと言えば、6月にメンバーの小山慶一郎、加藤シゲアキが未成年と飲酒をしていたことが分かり、小山が20日程度の活動自粛、加藤は厳重注意となったことは記憶に新しい。さらにほぼ同時期に手越祐也にも未成年との飲酒報道があったが、日テレのサッカーW杯ロシア大会のメインキャスターとしてロシアに出張することが決まっていたため、特に自粛とはならなかった。

芸能関係者は「手越の飲み会には日テレのラルフ鈴木アナウンサーも同席していたため、日テレは手越を降板させるにさせられなかった。パスポートなどの関係で急きょ他のタレントをロシアに派遣させるわけにもいきませんし。そして、手越がおとがめなしなら、小山や加藤はどうするのかという矛盾を生じさせないため、小山らもすぐに活動再開。その結果、メンバー4人中3人が未成年との飲酒というトラブルを起こし、記念ライブの開催も危ぶまれていたのに、無事に開催となりました」と指摘する。

小山はファンにしっかりすると誓い、活動を再開したのだが、今回のコンサート直前の7月下旬に、小山の彼女とみられる女性のSNSが流出。小山の部屋や飼い猫の写真や、謹慎期間にその彼女とヨーロッパへ旅行へ行っていたのではないか疑惑が浮上してしまった。ネット上のため真偽は分からず。特に大きな話題にもならなかったが、NEWSファンにはダメージがあっただろう。それでもファンには待ちに待った周年を記念するコンサートだ。

そんな不穏な中で行われたコンサートだけに、トラブルだらけだった。

「最寄り駅である京王線の飛田給駅から味の素スタジアムまでは直線でつながっており、通常であれば徒歩5分程度。しかし、4万人が集まり道路に集中したため、スタジアム到着まで40分以上かかるはめになった。さらに電子チケット制でしたが、通信状態が悪くてORコードが開けず、入場できず。友達と待ち合わせをしても、LINEが使えず出会えないから入場できず。開演時間までに2万人ほどが入場できていないということで、20分開演を遅らせ、曲数を減らさずMCをなくしてスタートしたのです」と同関係者。

さらにファンのマナーも大問題だった。

「グッズの売り切れが相次ぎ、ツアーTシャツを着ていた人が『買えなかった人から飲み物をかけられた』とTシャツが汚れている様子をSNSにアップしたんです。その一方で、メルカリなどのネットにグッズを高値で販売する人が続出しました。ゴミを放置するファンが相次ぎ、地元の人がゴミの山の状況をSNSにあげる。近くの店舗で他の客の迷惑も考えず、トイレ使用のための長蛇の列。この店舗では店舗でのお客のみのトイレ使用をお願いする紙が張ってあったのに、そんなの無視するファンだらけ。NEWSファンはマナーがなっていないと、味スタの地元は怒り心頭です」(同)

12日は前日の不都合を解消するため、会場には無料Wi-Fiが設置され、グッズは通販で購入できるように調整中、とメンバーから告知があったという。

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あなたにおすすめ