処刑人ブルース・ウィリスが悪を抹殺『デス・ウィッシュ』予告公開

クランクイン!

 俳優のブルース・ウィリス主演のアクション映画『デス・ウィッシュ』から本予告映像と本ビジュアルが到着。映像では家族が襲われたことを機に外科医から処刑人に変ぼうした主人公が、行動を激化させていく様が描かれている。

【写真】「ブルース・ウィリス」フォトギャラリー

本作は、映画『ダイハード』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズのブルースを主演に迎えたアション大作。ブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』を原作に、1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画を、映画『グリーン・インフェルノ』『ノック・ノック』のイーライ・ロス監督が現代の要素を取り入れ蘇らせる。

主人公は、犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街シカゴで、救急患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース)。ある日、ポールの家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。一向に進まない警察の捜査に怒ったポールは、自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出す。

解禁となった予告映像は、家族を襲撃され悲しみに打ちひしがれるポールが、妻の葬儀で涙するシーンからスタート。自らの手で復讐することを決意したポールの「復讐は必ず果たす。俺の手で」という言葉に続き、ポールが命を救う外科医から、命を奪う処刑人へ変貌していく様が映し出される。

さらに、彼の初めての“処刑”の現場に居合わせた市民がその様子をネット上にアップロードしたことで、たちまちシカゴ中に動画が拡散される模様も。メディアが「“悪人を裁く”その男は犯罪者か?」と議論を交わす中、処刑人・ポールの行動は激化していく。

工場で働く容疑者の男をパイプレンチで激しく叩きつけた後に“事故死”として処刑したり、白昼堂々ギャングに銃を連射するなどの激しいアクションが展開したあと、予告のラストには、家族を失ったためカウンセリングを受けるポール姿が。カウンセラーから「元気そうね。最近外出してるの?」と聞かれ、脳裏に自らの所業の数々が浮かぶポール。「少しだけ」と答えると、「その調子で頑張って」とカウンセラーに促され、「ああ、そうするよ!」と満面の笑みを浮かべる姿が収められている。

併せて公開されたビジュアルは、シカゴの街並みをバックに、中央に配された「悪人は、俺が始末する。」というキャッチと、凛々しくグロック17を構えるポールの姿デザインされている。

映画『デス・ウィッシュ』は10月19日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ