「世界選抜総選挙」101位はAKB48茂木忍、悔しい順位でなく来年への発奮材料に

dwango.jp news

2018/8/13 22:53


AKB48 世界選抜総選挙で惜しくもランクインを逃したメンバーによる「AKB48グループ 感謝祭~ランク外コンサート~」が8月13日(月)に千葉県市川市文化会館にて行われた。

「ランクインに負けないぞー」「ランクインよりいいコンサートにするぞー」と、AKB48宮崎美穂が影アナから気合いを入れて、始まったランク外コンサート。幕が上がると、ステージには所狭しと、残念ながらランクインを果たせなかったメンバー228名が集合し、ランクインコンサートとはまた違った熱気と盛り上がりが会場を包み込みこんだ。セットリストは、グループごとの楽曲やグループの枠を超えた混合ユニットなどで構成された。

STU48は、『メロンジュース』を『レモンジュース』としてパフォーマンスし、瀬戸内の名産であるレモンをPR。BNK48は『初日』をタイ語で、ドラフト3期生は今は別々のチームで活動する同期の仲間たちと一緒に『ここがロドスだ、ここで跳べ!』を披露するなど、姉妹グループが一堂に会してのコンサートらしいパフォーマンスが続いた。

楽曲の合間には、特別企画として、「グループ対抗MC選手権」を開催。7グループが対抗して制限時間2分間内で会場を盛り上げるというもの。HKT48は、今村麻莉愛が「麻莉愛には未来があるから2年後に投票するね」とファンに言われてしまったことなど「悲しい時」をテーマにトーク。BNK48は、伊豆田莉奈がタイ料理がおいし過ぎて5キロ太ったことを暴露して、たどたどしい日本語ながらも笑いを取る場面も。グループごとの個性を出したMC対決が繰り広げられたが、「チーム8あるある」として「地元名物の送り合いがすごい!」などを披露したチーム8が優勝し、会場となった千葉県市川市の名産の梨がプレゼントされた。

また感謝祭にふさわしく、メンバーがステージを飛び出し客席に赴いて歌唱する演出も。ファンの間近で『あなたがいてくれたから』などを歌唱しながら、メンバーはファンの皆様と手を振り合ったり、「ありがとう」と言葉を交わしたりして、感謝の気持ちを伝えていました。

終盤には、AKB48世界選抜総選挙の「延長戦」として、ランクインまでもう一歩という101位~120位の順位が明らかに。昨年ランク外の最上位の81
位だったSKE48内山命が、今年は41位に大躍進したこともあり、会場も固唾をのんでその発表を見守った。120位以内に入ったメンバーは、喜びの
笑顔を見せたり、涙を流したりと、それぞれ感情が溢れていた。

そして注目の101位は、AKB48の茂木忍。ランクインとなる100位のAKB48大家志津香とはわずか43票差だったということで、「自分でも投票すれば
よかった!」「ここでは1位なので、ある意味おいしいかな」と茶目っ気を見せてから、最後には「この1年、また頑張りたいと思います!ありがとうございました!」と深々と一礼。101位が、ぎりぎりランクインできなかった悔しい順位ではなく、来年への発奮材料になったことを笑顔で伝えた。

総選挙本番では残念ながらランクインすることはできなかったメンバーたちだったが、コンサートを通して、またあたらためてファンとの絆を確かめることができたと喜びと充実の表情を見せて、感謝祭を終えた。

ⓒAKS

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ