長続きするカップルの特徴って?「彼と彼女が無意識に共有していること」

ハウコレ

2018/8/12 21:00



こんにちは、沙木貴咲です。好きな人と恋人同士になれたら、ずっと一緒にいたいですよね。ケンカもお別れもしたくはないですが、恋が長続きするカップルには共通する特徴があるんですよ。

「こんなことしたら嫌われない?」「遊びだと思われない?」

そんな風に思えることをしても長く付き合える仲良しカップルには、どんな秘密があるんでしょうか?

■■同じテンポで動けているかどうか?
たとえば、好きな人とデートをするなら映画よりも食事に行くのが良いとか、初エッチは3~4回目のデートが良いなど、定番と呼ばれる恋愛のルールがあります。でも、そうした定番の恋愛ルールを外しても、うまくいく長続きカップルがいるんです。また一方で、律儀にそれを守って慎重に交際を決めたのに、つまらないことを理由にすぐ別れるカップルもいます。

彼らの決定的な違いは何かというと……「同じテンポで動けているかどうか」。自分と相手が心地良く、違和感なく動けていれば、どんな経緯で恋が成就するかは関係ありません。

大切なのは、二人とも納得して深い関係になれている点。二度目のデートでも真剣にお互いを想っていれば、ベッドインすることも軽率な判断ではないでしょう。恋人になるスピードは人によって違うんです。

■■ストレスや不安がない
愛をはぐくむテンポが同じで、それを無意識に共有できるカップルには、ストレスがありません。たとえば、自分が「手を繋ぎたい」と思ったタイミングが、相手にとってもベストな瞬間で違和感がないんです。それは、デートやLINEの頻度、エッチしたいと思うタイミングにも通じることでしょう。

いつ、どんな風に仲良くしたいかが共通すれば、ムリに相手に合わせたり、妥協したりする必要がありません。もちろん、「好かれるために◯◯しなきゃ」という意識がないので、「無理に自分を変えるストレス」も、「無理をして頑張ったのに見返りが得られなかったストレス」も感じることがありません。

「この人と一緒にいると心地良い」「いつも自然体でいられる」と思えるので、付き合っていても不満が少なく、ケンカも珍しいはず。恋愛において居心地の良さはとても大事です。そこをクリアできるカップルは、当然のように関係が長続きするでしょう。

■■つねに満たされている
自分と彼氏の行動パターンや物事を進めるテンポが同じだと、「欲しいものが、欲しいと思った時に手に入る」ことが多いといえます。連絡しようかなと思った瞬間に彼からLINEが来たり、「会いたい」と告げてすぐに彼が会いに来たり、抱きしめてほしいときに自然と身を寄せたりと、満たされない状態がとても少ないはず。

こうしたタイミングの合致を「そんなのあり得ない」「漫画みたい」と思うかもしれませんが、テンポが同じ恋人だと非現実的な話でもないんです。比較的なにもかもがスムーズに運ぶので、やっぱり「一緒にいるのが当たり前」「ほかの人と付き合うなんて考えられない」と感じますし、付き合いは自然と長くなります。

■■自分とテンポが合う相手を見つける!
長続きする恋がしたいなら、相手選びの段階で「自分とテンポが合う男性」を見つけることが大事です。それは、LINEや会話のやり取り、仕事の仕方で何となくでもつかめるはず。知り合ってから初デートをするまでには、『合う・合わない』が判別できるんじゃないでしょうか。

彼の返事を待つ場面が多いとか、笑いのツボがズレている、会いたいタイミングが合わないといったことがあれば、厳しくチェックするべき。「そうじゃないんだけどな……」という小さな違和感を見逃さないことが、長続きする恋人を選ぶコツになります。

また、同じテンポで動ける心地良さを実感するなら、手を繋ぐのもエッチのタイミングも自分たちの感覚に従って正解。世間に広まる恋愛のルールを参考にする必要はありませんよ。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ